1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(11)

遺伝子のニュース(ページ 11)一覧

米国農務省(USDA)は3月28日、ゲノム編集技術「CRISPR」を使った遺伝子改変植物の規制を行うことはないと声明を出した。 04/07 09:33

●消化器学と内視鏡学の権威が共同で行った最新研究発表  2018年3月21日から3日間、ローマにおいて消化器学と内視鏡学の権威が集い、100才を超える長寿のための食生活について、最新の研究結果が発表された。 03/28 18:25

図1. 遺伝子組換えネコ血清アルブミンの立体構造(写真:JAXAの発表資料より)

中央大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、ネコ用人工血液の開発に成功したと発表した。 03/20 21:50

本研究で明らかになったオス・メスの進化と性染色体領域(MT)の関係。(画像:東京大学発表資料より)

多くの生物はオスとメスの二つの性を持つが、進化論の一般的見解に従う限り、はじめは性などというものは無かったところにある日オスとメスに分かれる生物が登場したもの、と考えられる。 03/16 21:42

豪Monash Universityの研究者らが、脂肪の蓄積をコントロールするタンパク質を特定したと発表した。 03/16 15:51

カナダでの研究によると、スモッグはいくつかの遺伝子の変異に影響を与えることが判明した。 03/12 08:58

コヒョウモンモドキ成虫。 (画像:京都大学発表資料より)

縄文時代から現在までに至る、ある一種の蝶の歴史。 03/06 07:17

クロビイタヤ。 (画像:筑波大学発表資料より)

筑波大学芸術系の佐伯いく代准教授、生命環境系の平尾章助教、田中健太准教授、および北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの日浦勉教授らの研究グループは、カエデの一種であり絶滅危惧種であるクロビイタヤについて、森が分断された際にその生存状況がどう変にしていくのかを調査した。 03/05 21:59

オンライン上で収集された個人のデータをもとに、1300万人11世代におよぶ巨大な系図が作成された。 03/05 17:52

精神疾患は遺伝の影響があるのではないかという研究結果はすでに多数が発表されているが、特定の遺伝子パターンが遺伝子疾患に関係しているという研究結果が新たに発表された。 03/01 17:31

働きアリと女王アリ(画像はイメージです)。 (画像:いらすとや)

北海道大学大学院農学研究院の長谷川英祐准教授らの研究グループは、特殊な繁殖方法を取るために各個体が完全に同じDNA配列を持つある種のアリにおいて、しかしそれでも行動に個体差があることを発見した。 02/27 05:48

Przewalski(プルツワルスキー)。

野生の馬は、すでに地球上から絶滅していたことが、DNA分析の結果、判明した。 02/25 21:31

研究の概略。 (画像:東京医科歯科大学発表資料より)

Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD)仮説。 02/15 22:51

海馬アストロサイトのCa2+シグナル (2光子励起顕微鏡)。モデルマウスでは巨大なCa シグナル(AxCaシグナル、囲い線部分)が観察される。 (画像:山梨大学発表資料より)

山梨大学、慶応大学、京都府立医科大学、理化学研究所からなる共同研究グループは、マウスを用いた実験によって、非常に稀な難病であるアレキサンダー病が、アストロサイトと呼ばれる脳細胞のCa2+シグナル興奮性が高くなることによって引き起こされていることを明らかにした。 02/14 11:00

前へ戻る   6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告