1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 家庭・家族(1)

家庭・家族のニュース一覧

rss

親として、就職活動のサポートをするうえで学生の悩みを理解することが、一番大切なのは言うまでもないことです。 03/31 12:50

親に愛されていると感じた子供は、自己肯定力が高まり、心と身体がより健康的になる。 02/25 07:22

日本の社会問題である鬱病は悪化すると最悪自殺に繋がりかねない深刻な病であり、子どもでも発症することがある。 01/06 11:08

積水ハウスでは2018年9月より「イクメン休業」制度の運用を開始。対象となる全ての男性社員が1カ月以上の育児休業を100%取得している。

年末年始の長期休暇。今年は、例年仕事納めとなる12月28日が土曜日で、それに加えて仕事始めの1月4日も土曜日のため、多くの企業で9日間にわたる大型連休となりそうだ。 01/03 06:44

ホコリの正体は、衣類などから出た繊維くず。衣類の移動を少なくすることでホコリを減らすことができる。

年の瀬の週末。大掃除に追われている家庭も多いのではないだろうか。 12/29 22:11

「父の日」のプレゼントを選ぶ際の悩みは?(画像: 楽天の発表資料より)

楽天(東京都世田谷区)は21日、父の日に関する意識調査の結果を発表した。 05/22 12:10

2月7日付けの朝日新聞デジタルで「ケア(介護)ローソン」の19店目が名古屋市にオープンした、と知った。 02/20 21:37

F Treatmentが「妊活・不妊治療に関する意識調査」を実施。「不妊治療は家族から支援されない」と思う者の割合は経験者で25%程度、未経験者では48%で昨年より14%も急増。テレビの影響か。

不妊治療に関してにわかに関心が高まっているようだ。 01/24 09:02

日本財団が「18歳の意識調査」を実施。結婚願望がある人は75%。結婚したい理由は「家庭を持ちたい」「子どもがほしい」。79%が「子どもがほしい」と回答。希望の子供の数は2~3人で84%。

近年、特殊出生率は上昇傾向に改善されてきているようだ。 11/27 09:36

厚生労働省は保育ママ制度の普及に努めている。保育ママの増加によって、より質の高い保育が提供されることを期待したい

政府が設定している2020年度末までに待機児童をゼロにする目標を達成するため、厚生労働省は家庭的保育事業、いわゆる保育ママ制度の普及に努めている。 10/17 09:53

厚生労働省が行った2017年の調査によれば、男性の育休取得率は5.14%に留まった。企業向けセミナーの実施もされているが、現実の取得率に反映させるための取り組みが求められている。

厚生労働省の雇用均等調査によれば、2017年における男性の育児休業取得率は5.14%に留まった。 10/14 23:54

最近行われた調査では、2017年に単身で無職の世帯が過去最多になったことが分かった。今後は高齢化社会とそれに伴う世帯の変化に合わせて、政策を練り直していくことが必要となる。

最近行われた調査では、2017年に単身で無職の世帯が過去最多になったことが分かった。 10/09 09:54

ほめ写プロジェクトPR事務局が「子と親の自己肯定感に関する調査」の結果を発表。

子供を育てるとき子供は叱った方が良いのか褒めた方が良いのか多くの親が悩む課題だ。 09/06 10:54

とにかく暑かった今年の夏。 09/02 08:17

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告