1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(8)

遺伝子のニュース(ページ 8)一覧

アクチビンEのエネルギー代謝亢進作用。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学などの研究グループが、アクチビンEというタンパク質の肥満解消効果を発見した。 11/04 20:33

「人の寿命を予測する」技術の開発が進んでいるという。 10/29 22:34

米国のJust, Inc.(JUST)が年内に細胞培養による鶏肉「Just Meat」を市場投入する計画を示している。 10/21 00:17

遺伝子検査から導き出される診断結果は確定的な情報として捉えられやすい傾向にある。 10/20 23:30

パラピノプシン1種類により色検出が行われていることを示すカルシウムイメージングの結果。(画像:大阪市立大学発表資料より)

色検出はもっとも重要な光感覚の一つである。 10/18 19:16

ヘイケボタルの成虫。今回のゲノム解読の試料に使われたIkeya-Y90系統。(画像:基礎生物学研究所発表資料より)

ホタルの仲間は、どのようにして光る能力を手に入れたのだろうか。 10/18 11:39

中国の研究者らが遺伝子操作(ゲノム編集)技術を使ってオス同士/メス同士のマウスの子供を作ることに成功したと発表した。 10/16 09:18

シジュウカラのメス。(撮影:乃美大佑氏)

鳥類はその90%以上がつがいを持つが、ほとんどの種において浮気をする。 10/15 08:14

シアトルの退役軍人病院とロンドンのキングス・カレッジの共同研究によると、腰痛に関連する少なくとも3つの遺伝子が発見されたという。 10/14 20:50

ナカジマシロアリの単為生殖個体群と有性生殖個体群。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学の矢代敏久農学研究科特定研究員(現・シドニー大学研究員)、松浦健二同教授、小林和也フィールド科学教育研究センター講師らの研究グループは、日本固有種のナカジマシロアリというシロアリが、一般的にはオスとメスが混在して暮らすシロアリの中にあって、メスのみしか存在せず単為生殖で繁殖しているという事実を明らかにした。 10/04 21:38

画像はイメージです。

2003年、ロンドンのインペリアル・カレッジで発足した「Target Malaria」のプロジェクトチームは、11世代後に蚊を絶滅させることが可能な方法を発見したと発表した。 09/27 14:50

ノースウェスタン大学の研究チームが、血液検査で人の体内時計を測定する手法を開発したそうだ。 09/15 12:55

窪田製薬HD、上期営業損失は14.8億円 「エミクススタト」はスターガルト病第3相臨床試験を目指す

窪田良氏:みなさま、こんにちは。 09/13 20:49

近畿大学水産研究所が、ゲノム編集技術を使って筋肉量の多いマダイを生産する研究を進めているという。 09/05 12:40

前へ戻る   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ進む

広告

広告