1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(9)

遺伝子のニュース(ページ 9)一覧

シベリアの洞窟で見つかった女児の骨の遺伝子を分析したところ、ネアンデルタール人女性の染色体とデニソワ人男性の染色体の痕跡(だけ)が見つかったそうだ。 08/25 07:43

多収品種「タカナリ」が持つ籾数を増やす遺伝子を持つ「NIL-APOI」は、それを持たない「コシヒカリ」に比べ、籾数が多くなる。(画像:農研機構発表資料より)

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、水稲の多収品種が持つ籾数の増える遺伝子をコシヒカリに交配で導入すると、高二酸化炭素条件下で収量が大幅に増加する事実を明らかにした。 08/14 08:34

ゲノム編集したカイコガを用いることで、高い割合でクモ糸タンパク質を含むシルク繊維を得ることに中国の研究グループが成功したそうだ。 08/12 22:21

アラスカで観察された赤雪現象。(画像:国立環境研究所発表資料より)

雪氷藻類という光合成を行う微生物がいる。 08/12 17:40

脊椎動物とホヤの神経板境界領域の模式図。(画像:筑波大学発表資料より)

筑波大学と米国・プリンストン大学の共同研究グループは、脊椎動物の頭部感覚器を生み出す頭部プラコード、神経堤細胞の進化的な起源とその発生プログラムを明らかにしホヤから脊椎動物へと至るその進化の一端を解明した。 08/12 10:56

オスのマーキング領域に惹きつけられるハエ。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)の研究グループは、発光バイオセンサーを利用した研究によって、ハエの一種キイロショウジョウバエがcVAというフェロモンによって行動を調節する新しいコミュニケーション戦略を発見した。 08/12 08:09

植物性原料のみで缶詰のツナとそっくりの食感や味を再現する「Fish-Free Tuna」を米スタートアップ企業Good Catch Foodが開発し、12月の発売を計画しているそうだ。 08/11 22:48

遺伝子を書き換える「遺伝子編集」技術は近年盛んに研究されており、米国では2016年に人間の遺伝子を対象とした遺伝子編集の研究も認可されている(過去記事)。 08/07 10:45

米Impossible Foodsは23日、植物性原料のみで牛肉そっくりの味や赤い肉汁を実現した同社の人工肉バーガー「Impossible Burger」の重要な成分について、米食品医薬品局(FDA)から安全性に問題ないとの通知を受け取ったことを発表した。 07/29 23:08

ヤマモモの果実を食べる5月の屋久島のニホンザル。野生のニホンザルがどのような腸内細菌をもちいて、森の食べ物を消化しているのかを、本研究では明らかにした。(写真提供:早川卓志氏)

京都大学などの研究グループが、野生のニホンザルがどのような腸内細菌を持っているかを明らかにした。 07/24 22:02

生物の遺伝子の一部を改変したり並べ替えたりする「ゲノム編集」技術が最近盛んに研究されているが、ゲノム編集技術のうち「CRISPR/Cas9」を使う手法では一部のDNAが意図せず消失する可能性があることが発見された。 07/20 09:56

ラブラドール・レトリバー。

アメリカとロシアの共同研究として、9000年にわたる犬の遺伝子が分析された。 07/18 21:44

クローンの起源仮説と調査方法。(画像:北海道大学発表資料より)

ドジョウは珍しい生き物ではないが、珍しい生態を持っている。 07/16 11:34

研究で試料を提供したチンパンジーの一匹、アキナ。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学の研究グループは、DNAのメチル化の検出によってチンパンジーの年齢推定に成功した。 07/11 17:48

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告