1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(14)

遺伝子のニュース(ページ 14)一覧

子宮内膜間質による管腔上皮の剥離と栄養膜細胞活性化と胚浸潤誘導。(画像:東京大学発表資料より)

着床は妊娠という一連の過程における重要なプロセスである。 06/24 10:53

Sleepy変異マウスと断眠させたマウスの2種類の眠気モデルマウスの脳を比較したところ、眠気の程度に応じて80種類の蛋白質群SNIPPsのリン酸化が変化していた。(画像:筑波大学発表資料より)

人間は人生の三分の一ほどの期間に渡って眠る。 06/21 18:40

ドイツの化学系メーカーBASFは、海洋生物のDNAに由来するDNA特許を数多く保有しているそうだ(Smithsonianmag.com、Slashdot)。 06/19 18:09

Ant1変異マウスの脳切片の染色像とセロトニン神経細胞の活動。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)は、双極性障害(躁うつ病)の病態において、ミトコンドリア機能障害がセロトニン神経の活動変化を引き起こすことを発見した。 06/18 11:56

二酸化炭素からコハク酸への変換経路。(画像:神戸大学発表資料より)

プラスチック等の化学製品はコハク酸を原料として作られている。 06/11 09:42

汽水で出現したアオコ(網走湖から流出する網走川、2017年)。(画像:筑波大学発表資料より)

アオコは富栄養化した淡水の湖沼に生じるラン藻類である。 06/10 20:31

さまざまな生物の遺伝子を分析してその多様性を調査したところ、多くの動物の遺伝的多様性はほぼ同じくらいと言う結果が出たそうだ。 06/06 17:39

眼鏡をかけていると賢そうに見えるという話があるが、視力の低さに影響する遺伝子と頭の良さには相関関係が見られたという。 06/04 23:49

ムレミカヅキモNIES-35株。(画像:国立環境研究所発表資料より)

ムレミカズキモというのはヨコワミドロ目に属する淡水棲の緑藻である。 06/04 14:06

温帯地域ヤマアリ属の二匹の巣仲間が食べ物を共有。 ほとんどのアリ種は熱帯地域に住んでおり、その理由の解明が困難となっている。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

生物学の世界に数世紀に渡って投げかけられている大きな謎がある。 06/03 21:51

Newtic1を発現する赤血球。Newtic1タンパク質は成熟過程にある赤血球の縁にリング状に局在する。下に見える2つの赤血球は成熟しておりNewtic1を発現していない。(画像:筑波大学発表資料より)

イモリは脊椎動物には特異的な再生能力を持つことで知られている。 05/28 11:46

富士経済は24日、医療ビッグデータビジネスの国内市場の調査結果を発表した。 05/25 21:47

CHD8は脂肪分化を調節する。(画像:九州大学発表資料より)

自閉症には痩せ型の人が多い、という知見は経験的には昔から知られていた。 05/21 09:55

ライブセルイメージングで異常が認められた受精卵の画像。(画像:東京農工大学発表資料より)

蛍光プローブを細胞内に導入し、生きたまま細胞内分子の挙動を可視化する「ライブセルイメージング技術」によって、生きた状態の牛受精卵を選別し、染色体異常などを発見する技法を東京農工大学大学院農学研究院生物生産科学部門・杉村智史テニュアトラック特任准教授、近畿大学生物理工学部遺伝子工学科・山縣一夫准教授、扶桑薬品工業研究開発センター・八尾竜馬主任研究員、農研機構畜産研究部門・的場理子上級研究員らの共同研究グループが開発した。 05/14 16:09

前へ戻る   9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19  次へ進む

広告

広告