1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(6)

遺伝子のニュース(ページ 6)一覧

2019年のノーベル生理学・医学賞は米国のウィリアム・ケイリン氏とグレッグ・セメンザ氏、英国のピーター・ラトクリフ氏が共同受賞した。 10/09 09:44

1日、ゲノム編集食品に関する厚生労働省による新しい制度の運用が始まった。 10/08 17:19

今年の夏、ロシア人の生物学者デニス・レブリコフ教授が、遺伝子を編集し、HIV耐性を持つ赤ちゃんを誕生させたいと考えていると発表した。 10/07 18:00

今回の実験の概要(藤田医科大学発表資料より)

がん幹細胞は、がんの転移や腫瘍形成に大きなな役割を果たしている細胞である。 10/07 07:54

Periophthalmodon septemradiatusのオス(手前、婚姻色)とメス(奥)。(画像:長崎大学発表資料より)

トビハゼの仲間のほとんどは沿岸域に生息する。 10/06 17:20

原始細胞のモデル。情報と触媒機能を担う各分子へと進化する。(写真:東京大学の発表資料より)

東京大学は4日、分子生物学の基本原理であるセントラルドグマが、物理学における自発的対称性の破れによって説明可能であることを示したと発表した。 10/04 19:28

バナナの木に感染し、立ち枯れを起こさせる「パナマ病」については以前から問題となっていたが、このたび世界で消費されるバナナのほとんどを生産している中南米コロンビアでこのパナマ病が確認された。 10/02 20:15

研究の概要図。(画像:京都大学発表資料より)

家族性地中海熱は遺伝性の難病である。 09/24 18:27

伝染病対策として、遺伝子を改変した蚊を放出するという手法が検討されている。 09/21 13:01

「サクセンダ」「ビクトーザ」などの製品名で知られる「遺伝子組み換えリラグルチド」という2型糖尿病治療薬を濫用したダイエット手法が出現し、「GLP-1ダイエット」といった名前で宣伝されているようだ。 09/18 08:51

カリフォルニア大学デービス校の研究から、猫のマーキング物質が肛門嚢に住みついている微生物によって作られていることが明らかにされた。

飼い猫がコミュニケーションに利用するマーキング物質の多くは、猫の肛門に住む微生物が作ることを、カリフォルニア大学デービス校ゲノムセンターの研究が明らかにした。 09/17 11:42

ケニアに生息するストライガ(Striga asiatica)。(画像:理化学研究所発表資料より)

その恐るべき生態から「魔女の雑草」と呼ばれる病害植物ストライガ。 09/14 12:26

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 京都大学の発表資料より)

がんの発生メカニズムの解明やiPS細胞を用いた治療において鍵となるのが、「エンハンサー」と「プロモーター」である。 09/12 12:07

沖縄のサンゴ礁を泳ぐイイジマウミヘビ(真ウミヘビ類)。写真提供:笹井隆秀(琉球大学)

ある種の動物は、いったん陸棲に進化した後海棲へと回帰した。 09/12 11:57

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告