1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss
研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学は20日、地球外の有機物、2-アミノイソ酪酸(Aib)を代謝する放線菌を発見し、その代謝過程を解明したと発表した。 01/22 18:14

新型コロナウイルス感染患者と1日の間に中程度の接触(1分間の接触を20回)をした場合の医療従事者の経路別感染リスクの寄与率(画像: 近畿大学の発表資料より)

近畿大学の研究グループは、医療機関における新型コロナウイルス感染症の感染リスクを計算するシミュレーションモデルを構築した。 01/13 16:42

調査海域周囲の海底地形図。(東北大学の発表資料より)

東北大学や東京大学らでつくる研究チームは8日、日本最東端の南鳥島が、4000万年前にあった火山の再活動で形成されたとする研究成果を発表した。 01/10 17:55

東北大らの研究チームは1月6日、父親の加齢が子どもの神経発達障害に影響するという研究を発表した。 01/09 10:15

脳から脊椎に放出される神経伝達物質と、大腸運動の性差(岐阜大学の発表資料より)

岐阜大学は25日、男性に下痢、女子に便秘が多いという排便異常について、痛みを抑制する神経繊維で分泌される神経伝達物質の成分の違いに原因があるとする研究成果を、明らかにした。 12/28 17:19

外科医が誕生日かどうかの手術日と患者の術後30日後の死亡率を示すデータ(画像: 慶應義塾大学の発表資料より)

外科医の集中力が、手術の成否に影響する。 12/14 16:15

新興国や途上国では工業化に伴う大気汚染が深刻な問題となっており、世界全体で年間700万人が大気汚染が原因で死亡していると推計される。 12/12 17:25

マサチューセッツ工科大学(MIT)によると、現在大手製薬会社が発表している新型コロナウイルス用ワクチンの有効性は人種によって異なる可能性があるという。 12/05 20:40

喫煙と排尿障害との関連を示すアンケート結果(画像:横浜市立大の発表資料より)

日本人の8人に1人が患っているとされる「排尿障害」。 12/01 16:39

日常的に長時間かつ強度の強い運動を行う長距離ランナーは、運動後に下痢などの消化器異常が起きやすいことが知られている。 11/26 12:31

新型コロナウイルスのスパイクタンパク質(赤)がヒト細胞のACE2(緑)と ニューロピリン1(水色)とに同時に結合するイメージ図。(画像: 名古屋大学の発表資料より)

ヒトや動物にウイルスが感染するとき、ウイルスの持つ「スパイクタンパク質」が細胞の表面の受容体と結合して、それを足掛かりに細胞に入り込む。 11/25 07:45

窓や容器など身の回りの製品の材料として欠かせない「ガラス」。 11/23 16:56

周波数によってモニターに現れる画像の違いのイメージ(画像:東京都市大学の発表資料より)

東京都市大学は17日、人間の目が少なくとも約1,000分の8秒の変化を認識できることを発見したと発表した。 11/20 08:28

細胞が集まるイメージ図。単体で運動するより運動性能が100倍も向上する。(画像:東北大学報道発表資料より)

東北大学は17日、細胞が集まって集団で運動することによって、単体で運動するよりも、100倍も運動性能が向上することを発見したと発表した。 11/19 16:21

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告