1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss
ヒト歯周病の歯茎におけるマクロファージにおいてアミロイド βが発現している様子。赤色部分はマクロファージ、青色部分は細胞核を示す。黄色はマクロファージ細胞にアミロイド β(緑色部分)が局在することを示している。(画像: 九州大学の発表資料より)

アルツハイマー型認知症の脳にはアミロイドβというペプチドが蓄積しており、認知症の症状を引き起こす原因のひとつであると考えられている。 11/18 08:44

IBM Watson Machine Learning Community Editionによって発見された地上絵。(画像:山形大学発表資料より)

ナスカの地上絵が、新たに143点発見された。 11/17 15:46

スーパーセンチナリアン(左)と50歳から60歳までのグループ(右)における免疫細胞の比較(写真:慶應大の発表資料より)

厚生労働省によると100歳以上の高齢者は約7万人にも及ぶという。 11/16 20:49

九州大学大学院歯学研究院は中国吉林大学の研究グループとの共同研究でx、ヒトの歯周病の歯茎および歯周病原因菌であるジンジバリス菌(Pg菌)をマウスの全身に慢性投与したところ、肝臓に脳内老人斑成分であるアミロイドβ(Aβ)が産生されていることを初めて発見したとのこと。 11/16 15:57

遺伝子組み換えを行った豚の皮膚を人間に移植することについて、米FDA(食品医薬品局)が認可を行った。 11/14 09:36

研究で海水を採取した場所(地図中の星印)および亜寒帯の観測点KNOTにおける採水作業の様子。研究船から採水器を海中へ投入し、硝化が活発に起こっている水深100-200mの海水を採取した。(画像:東京工業大学発表資料より)

従来、海洋の酸性化は一酸化二窒素(N2O)の生成を弱めると考えられていた。 11/14 09:25

従来考えられてきたDNA切断時の末端形状(写真:東北大の発表資料より)

東北大学は11日、DNAが切断された際の末端の形状構造を明らかにした。 11/13 12:31

陽子の半径(電荷半径)については議論が続いており、最新の研究では従来予測されていた陽子電荷半径よりも小さい値が測定されているという。 11/13 09:44

東大と国立精神・神経医療研究センターが自閉スペクトラムと嗅覚特性について発表。AS症者と健常者の嗅覚誘発脳波を比較、高次の認知処理に違いがあることを発見、病態解明・支援の手掛かりに。

ASD(自閉スペクトラム症)は、社会性の欠如やコミュニケーション障害、興味の限定などの症状を呈する神経発達障害として知られ、かつて広汎性発達障害と呼ばれていたものであり、自閉性障害、アスペルガー障害などと独立して呼ばれていたものが2013年改訂の米国診断マニュアルで統合されたものである。 11/12 09:08

従来の二段階培養プロセス (上) と本研究の一段階培養プロセス (下)。(画像:神戸大学発表資料より)

光と水と二酸化炭素から、アスタキサンチンを大量生産する技術が開発された。 11/11 18:42

19世紀のドイツの思想家カール・マルクスは、労働階級と資本階級との関係を「搾取」という言葉で形容した。 11/11 08:55

アルツハイマー病患者の脳へのアミロイドβの沈着は症状が現れる20年ほど前から始まっている。 11/10 06:44

破裂済みの卵胞から卵子を回収する流れ(写真:千葉大の発表資料より)

千葉大学は7日、排卵済みの卵胞から回収した卵子から、高確率で体外受精に成功したと発表した。 11/09 18:15

ヒストンアセチル基転移酵素HAG1とHAG3によるリプログラミング誘導の仕組み(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)らの国際共同研究グループは4日、植物が傷害を受けた場合にその細胞がリプログラミングされる仕組みを分子レベルで解明したと発表した。 11/07 09:21

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告