1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が世界中に蔓延し、ワクチンの開発が喫緊の課題になっている。 04/05 16:52

ヒトやサルの共通祖先が他者のこころを理解する能力を獲得していた可能性(画像:新潟大学の発表資料より)

厚生労働省によると自閉症の症状をもつ人の割合は、約100人に1人いるといわれている。 04/03 07:29

「おいしい」塩味受容の細胞および分子メカニズム(画像: 京都府立医科大学の発表資料より)

私たちは舌で味を感じている。甘み、うまみ、酸味、苦味を感じる仕組みはすでに解明されているが、塩味についてはまだ明らかになっていなかった。 04/01 17:36

今回の研究の概要。研究では、日本人集団17万人のゲノムデータに機械学習・次元削減手法を適用した。(画像: 日本医療研究開発機構の発表資料より)

機械学習をはじめとする人工知能(AI)の登場により、これまで扱えなかったビッグデータの分析が可能となっている。 03/31 08:12

旧石器時代の遺物が残されていたことで知られる南アフリカ・ボーダー洞窟で、植物の根茎が調理されていたことを示す証拠が発見された。 03/25 18:37

低たんぱく質食で飼育した父親マウスから産まれた子供マウスの肝臓における遺伝子発現の変化(写真:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)は20日、父親の食事が子供の代謝に影響するメカニズムを解明したと発表した。 03/23 09:01

豪グレートバリアリーフのサンゴ礁に生息するスズメダイ(写真:沖縄科学技術大学院大学の発表資料より)

二酸化炭素の排出量増加により、気温の上昇が近年顕著になっている。 03/21 07:42

国立極地研究所と国文学研究資料館、総合研究大学院大学の共同研究で、日本書紀に記されている「赤気」と呼ばれる現象が「扇型オーロラ」と整合することが分かったという。 03/18 18:49

「Heroタンパク質」の機能概要。上は、機能的なタンパク質をストレス環境(乾燥、高温、有機溶媒など)から保護する機能。下は、凝集しやすいタンパク質が凝集してしまうのを防ぐ効果。(画像: 東京大学の発表資料より)

タンパク質を熱すると通常は凝固して本来の働きを失ってしまう。 03/17 07:04

朝食の頻度と血管の硬化度の関係(写真:順天堂大学の発表資料より)

食事や運動など生活習慣と関連あると考えられている2型糖尿病。 03/09 19:32

鉱床の土壌を採集しに来た近隣住民(左)と、鉱山から500mしか離れていないところにある家屋(右)。(画像: 北海道大学の発表資料より)

鉛中毒は子供の神経損傷や痙攣、大人に対しても血圧上昇や生殖器異常など深刻な健康被害をもたらすことが知られている。 03/09 18:14

熱水噴出孔で作られる3種類の天然鉱物と、それらが触媒となって生成されるCO2からの有機物合成反応(画像: 産総研報道の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)らの研究グループは3日、熱水噴出孔において、グライガイト(Fe3S4)等の鉱物が触媒として作用することにより、生命の素となる単純な有機化合物が容易につくられることを確認したと発表した。 03/07 21:39

柿やほかの植物の進化過程でみられる全ゲノム倍化(写真:岡山大学の発表資料より)

岡山大学は2月29日、柿の野生種であるマメガキの全ゲノム配列を解読したと発表した。 03/05 12:15

遺伝子解析の結果、レッサーパンダが系統発生学的に2つの種に分類されるという中国科学院の研究グループによる研究成果が発表された(論文、 BBC Newsの記事、 The Guardianの記事、 CNNの記事)。 03/01 19:54

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告