1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてロックダウンを採用する国は多い。 05/29 08:14

研究の概要。低人口密度地域では急性心筋梗塞の院内死亡率が上昇した一方、緊急カテーテル治療の多い病院で治療された患者は、少ない病院で治療された患者と比較して急性心筋梗塞死亡率が低く、低人口密度地域でも緊急カテーテル治療の多い病院では死亡率が抑えられた(画像: 横浜市立大学の発表資料より)

日本では死亡数の第二位を占める心臓疾患の中で、急性心筋梗塞は心不全と並び最も多い死亡原因であるとされている。 05/28 08:27

画像はイメージです。

今からおよそ6600万年前にメキシコユカタン半島沖に小惑星が衝突し、それが恐竜絶滅のきっかけになったことは、今やだれでも知っている事実である。 05/27 15:24

英マンチェスター大学が所蔵する「死海文書」の断片に、肉眼では見えない文章が書かれていることが分かったそうだ。 05/26 08:27

ネコを用いた新型コロナウイルスの伝染実験(写真:東京大学の発表資料より)

遺伝子配列からコウモリ由来だと考えられている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)。 05/18 07:41

研究で想定した感染予防策と、そのシミュレーション結果(筑波大学の発表より)

筑波大学は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染プロセスに関して、社会システム分析に用いるコンピューターモデルに組み込んでシミュレーションを行ったところ、在宅勤務や学級閉鎖といった感染予防策を単独、あるいは部分的に組み合わせて講じるだけでは大きな効果が見られないとの研究成果を明らかにした。 05/12 08:04

アラスカ州の恐竜化石の産地。星がハドロサウルス科の産出地。(写真:北海道大学の発表資料より)

北海道むかわ町で2013年に発見された恐竜化石は、新種カムイサウルスであることが2019年に発表された。 05/11 07:34

研究の概要(理化学研究所の発表より)

理化学研究所(理研)や近畿大学などの研究グループは、遺伝性腎臓病の1つで難病とされる「若年性ネフロン癆(ろう)」患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の樹立に成功したと発表した。 05/06 12:19

新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまで、1~2年はかかると想定されている。 05/04 12:16

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)用の治療薬やワクチン開発に、世界中の研究機関が取り組んでいるが、実用化されるまでには時間がかかると予想される。 04/30 18:27

新型コロナウイルス感染後に重篤化するメカニズム(写真:北海道大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全世界に蔓延し、米ジョンズ・ホプキンズ大学の情報によれば、28日時点で感染者は300万人を突破、死者は約21万人にも及ぶ。 04/28 12:09

画像はイメージです。

「寝ながら英単語を勉強できないか」とは、受験生であれば誰でも考えたことがあるだろう。 04/24 08:28

画像はイメージです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、厚生労働省は、密閉空間・密集場所・密接場面が重なる「3密」を避けるよう呼び掛けている。 04/23 20:57

新型コロナウイルスの構造と、今回開発した抗体の標的(画像: 横浜市立大学の発表資料より)

インフルエンザなどの感染症にかかっているかどうかを病院で調べるとき、長い綿棒を鼻に入れられたことがあるだろう。 04/23 17:29

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告