1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

rss
従来の二段階培養プロセス (上) と本研究の一段階培養プロセス (下)。(画像:神戸大学発表資料より)

光と水と二酸化炭素から、アスタキサンチンを大量生産する技術が開発された。 11/11 18:42

19世紀のドイツの思想家カール・マルクスは、労働階級と資本階級との関係を「搾取」という言葉で形容した。 11/11 08:55

アルツハイマー病患者の脳へのアミロイドβの沈着は症状が現れる20年ほど前から始まっている。 11/10 06:44

破裂済みの卵胞から卵子を回収する流れ(写真:千葉大の発表資料より)

千葉大学は7日、排卵済みの卵胞から回収した卵子から、高確率で体外受精に成功したと発表した。 11/09 18:15

ヒストンアセチル基転移酵素HAG1とHAG3によるリプログラミング誘導の仕組み(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)らの国際共同研究グループは4日、植物が傷害を受けた場合にその細胞がリプログラミングされる仕組みを分子レベルで解明したと発表した。 11/07 09:21

最初の解剖学的現生人類(anatomically modern humans)はアフリカのボツワナで20万年前に誕生したとの研究論文が発表された。 11/05 20:16

今回の研究の概要(画像: 東京大学の発表資料より)

急性腎障害(AKI)は何らかの原因で腎臓の働きが急に悪くなる病気である。 11/04 21:39

A: 新たに開発した脳局所冷却システムの脳内埋め込み用パーツ。B: 冷却システムの性能評価。C: 脳内埋め込み用パーツをマウス脳に埋め込みリード線と接続した様子。D: てんかん発作を起こしたマウスの脳波と脳内温度記録。(画像:群馬大学発表資料より)

てんかんを起こしている脳は、てんかん原生域の温度が約1度高くなっているという。 11/03 07:10

北海道厚岸湾大黒島沿岸のコンブ藻場。(Photo: 仲岡雅裕氏)

地球温暖化は海洋資源の分布変化をもたらす。 10/31 18:47

国立国際医療研究センターなどの研究グループが特定していた新たな血液型「KANNO」が、国際輸血学会に認定された。 10/29 09:20

高品質プロポリスの原料となるブラジル産のバッカリス(左)と国産のカワラヨモギ(右)の成分(写真:京都大学の発表資料より)

京都大学は25日、国産の野生植物であるカワラヨモギから、アルテピリンCを作る酵素遺伝子の特定に成功したと発表した。 10/27 22:03

酸素分子を形成する反応における触媒部分の立体構造の変化。(画像:科学技術振興機構の発表資料より)

18日、科学技術振興機構、岡山大学、理化学研究所等の研究グループは、光合成において酸素分子が発生する仕組み等を解明したと発表した。 10/25 12:03

オマーン北東部のサンゴ化石。約4,100年前のもの。(画像:北海道大学発表資料より)

メソポタミアのアッカド王朝は、一説に人類史上最初の帝国とも言われる。 10/25 08:59

ファゴサイトーシスのイメージ図。(画像: 九州大学の発表資料より)

生物の細胞膜はリン脂質が2重になった構造をしている。 10/25 08:40

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告