1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

桜島山頂の火口から桜島直下のマグマ溜まり(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学は14日、東京大学、京都大学、産業技術総合研究所(産総研)との共同研究で、桜島火山の有史に発生した3度の大規模噴火(1471年、1779年、1914年)の前駆過程を突き止めたと発表した。 02/15 20:42

世界中に生息する昆虫のうち、40%の種で絶滅の危険があるという。 02/15 08:23

スマートメーターを使って電気使用量を取得し、それによって在宅か不在かを判断することで宅配便の不在時配達を防ぐという技術が開発されている。 02/13 23:24

分子雲を振り回す中間質量ブラックホールの想像図 (c)国立天文台

国立天文台は12日、太陽の3万倍もの質量をもつ中間質量ブラックホールの存在が判明したと発表した。 02/13 18:16

マルチ・モジュール・ベンダー。(画像:サンデンホールディングス発表資料より)

サンデン・リテールシステムは、国内初となる「商品を自由に組み合わせることを可能とする」高機能自販機「マルチ・モジュール・ベンダー」を開発し、2019年春から新発売すると発表した。 02/13 14:48

JAMSTEC(海洋研究開発機構)が南海トラフで行っている深海探査機「ちきゅう」による超深度採掘において、目標としていたプレート境界断層への到達が不可能である見込みとの告知を行った。 02/13 14:09

1997年からトヨタと豊田中央研究所が共同で開発してきたバーチャル人体モデルTHUMSの最新版「Version 6」が発表となった。衝突を察知して身構えた状態とリラックス状態での衝突衝撃の違いも解析できる

トヨタは、豊田中央研究所と共同で、クルマの衝突事故における人体の傷害発生メカニズムをコンピューター上で解析できるバーチャル人体モデルTHUMS(サムス:Total HUman Model for Safety)を改良し、「THUMS Version 6」として2月8日に発売した。 02/13 09:29

神経発達症の早期診断プロセス(写真:日立製作所の発表資料より)

日立製作所、自治医科大学、国際医療福祉大学、中央大学は8日、神経発達症である注意欠如・多動症(ADHD)患者が自閉スペクトラム症(ASD)を併発しているかどうかの早期診断を支援するための基礎技術を開発したと発表した。 02/13 08:48

肌が熱いと感じているときには涼しくなり、必要とあらば寒さから肌を守る。 02/13 08:34

開発フィルタの概要(日立金属発表資料より)

日立金属は、逆浸透膜法(RO)による海水淡水化プロセスで、造水コストに大きな影響を与えていたRO膜の目詰まり除去操作を、大幅に軽減できるハニカム構造セラミック吸着フィルタを開発した。 02/12 16:30

NASAのニューホライズンズ探査機が1月1日に最接近したカイパーベルト天体2014 MU69(愛称: Ultima Thule)は当初、大小2つの球体が結合した雪だるまのような形をしていると考えられていたが、その後の写真から球体ではないことが判明したそうだ。 02/11 14:15

電子タグをつけた商品のイメージ。(画像: NEDOの発表資料より)

新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)は、経済産業省および大日本印刷とともに、コンビニやドラッグストアなどが参加する、電子タグを用いた情報共有システムの実証実験を行う。 02/11 13:46

京都大学と日新システムズ、ロームの3者は2月4日、世界初となるWi-SUN FAN認証取得の無線機を発表。スマートシティやスマートグリッドなどのIoT社会を加速する技術に期待が高まる。

拡大するIoT市場にとって欠かせない無線通信技術。 02/10 17:38

レアアースが含まれる溶液からレアアースを回収する新しい手法として、パン酵母や食品添加物を使用するものが開発されたという。 02/08 22:00

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告