1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > サイエンス(1)

サイエンスのニュース一覧

AppleやFacebook、Google、TwitterといったIT大手が、神経科学系の研究者をこぞって雇用しているそうだ。 06/24 18:06

形質転換株の種子は親株と比較して肥大化し、油脂含量が増加した。(画像:基礎生物学研究所発表資料より)

ダイズの油は、現在、世界の油脂生産の中で第2位の地位を占める。 06/24 11:45

地球形成初期の深海底に幅広く分布していたと推定される、熱水噴出孔の概念図。(画像:東京工業大学発表資料より)

地球で最初の生命はどうやって誕生したのだろうか。 06/24 08:12

(a)一般的な藻類含水バイオマスの脱水・乾燥工程、(b)太陽光を用いた水蒸発メカニズムと(c)階層構造を持つグラフェン。(画像:筑波大学発表資料より)

藻類バイオマスは99%以上が水分である。 06/22 18:46

徳島工業短大と阿南工業高専のチームが、竹粉を燃料として利用できる「竹粉エンジン」を開発した。 06/22 10:28

大型のタツノオトシゴは乱獲による個体数減少のため取引が規制されているそうで、中国では乾燥タツノオトシゴの大量密輸が行われる事態になっているそうだ。 06/21 09:51

セミは数年から十数年を土の中で過ごし、成虫になって地上に出てからは1週間ほどで死ぬと言われているが、実際には10日以上、種によっては1か月ほど生存するということを広島県笠岡市の笠岡高校3年生の植松蒼さんが突き止めたそうだ。 06/21 09:50

ペリカン類と同定できた地上絵。(画像:北海道大学発表資料より)

ナスカの地上絵は謎の多い文化遺産である。 06/21 09:38

北海道大の研究グループが開発した柔粘性/強誘電性結晶(写真:北大の発表資料より)

北海道大学は19日、「強誘電性結晶」と呼ばれる、圧力を加えると変形する柔らかい機能材料を開発したと発表した。 06/21 09:30

生命活動に必須の「NAD」という物質を合成する「eNAMPT」という酵素は加齢によって減少していき、さらにこの酵素を若いマウスの血液から採取して老化したマウスに注射することで老化を遅らせる効果があるという研究結果が発表された。 06/20 18:36

赤外線サーモグラフィで撮影したチンパンジーの画像例。色の違いは温度の違いを表す。(画像:京都大学発表資料より)

チンパンジーは怪我を負った人間に関心を向け、情緒的な反応を示すものであるらしい。 06/20 11:20

日本原産の植物アシタバには健康食品としての効能があると言われているが、アシタバに含まれる「4,4'-Dimethoxychalcone(DMC)」という成分に細胞を守る働きがあるという研究結果が発表された。 06/19 22:53

アルツハイマー病予防に繋がるロスマリン酸の作用メカニズム(東京大学発表資料より)

東京大学、金沢大学、福島大学などの研究グループは、マウスを用いて、ポリフェノールの一種であるロスマリン酸の摂食が、アルツハイマー病の主病態となる脳内のアミロイドベータの凝集を抑制することを発見した。 06/19 22:07

「レゴブロック」で知られるLEGOは2012年、2030年までに持続可能な原材料を開発してレゴブロックで利用すると発表、研究者の確保と研究開発に1億5000万ドル(約162億円)を投じた。 06/19 13:45

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告