1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 化学・製薬(1)

化学・製薬のニュース一覧

旭化成、上期は増収減益 マテリアルセグメントの市場環境回復が見込めず通期予想を下方修正

柴田豊氏:それでは、資料に沿ってご説明いたします。 11/27 17:47

中外製薬、2Qは増収増益 国内新製品や主力品が好調に推移し、売上収益・利益のいずれも過去最高

板垣利明氏:おはようございます。 10/09 09:51

積水化学工業、1Qは計画通りの進捗で増収増益 2Q営業利益は前年並み水準まで回復狙う

加藤敬太氏:それでは私から説明させていただきます。 09/13 17:13

大陽日酸がヘリウムの出荷価格を2~3割引き上げるという。 08/24 18:19

日産化学、1Qは減収減益も予想は上回る 農業化学売上高マイナス17億円も予想比では上ぶれ

宮崎純一氏:2ページをご覧ください。 08/21 14:06

東レ、1Qは減収も営業益は1.9%増 前年度の原料価格上昇分の販売価格への転嫁が進む

深澤徹氏:本日はお忙しいなか、お集まりいただき、ありがとうございます。 08/20 22:21

大塚HD、上半期は計画を大幅に超える好決算 医療関連事業の増収増益が連結業績を牽引

牧野祐子氏:2019年度第2四半期の連結業績について、ご説明申し上げます。 08/19 22:23

旭化成、中国経済減速の影響等で1Qは増収も減益 売上は第1四半期としては過去最高に 

柴田豊氏:副社長の柴田でございます。 08/16 08:54

資生堂、第2四半期は売上成長加速 売上高、営業利益、四半期純利益で過去最高を更新

マイケル・クームス氏:これより2019年度第2四半期および上期実績についてご説明します。 08/09 08:21

旭化成、通期は営業益増加 石化製品市況の悪化解消と住宅領域やヘルスケア領域の好調が貢献

柴田豊氏:最初に2018年度の決算のポイントを説明させていただくと、売上高、営業利益ともに過去最高を更新することができました。 07/29 21:41

東レ、通期は連結営業益が9.6%減少 原料価格の上昇と拡販の営業費及び製造固定費の増加が影響

日覺昭廣氏:はじめに2019年3月期決算の概要についてご説明します。 07/27 13:10

消費者庁が「花粉を水に変えるマスク」をうたう製品に対し合理的な根拠がないとして措置命令を出したことに対し、措置命令を受けた4社のうちの1社である大正製薬は不服としていたが、このたび同社が「消費者庁による措置命令に関する見解」なる文書を公開した。 07/17 08:59

大日本住友製薬、通期は減収減益で着地 国内での薬価改定や長期収載品の売上減少などが影響

野村博氏:2018年度のトピックスについては、みなさまご存じのとおりだと思いますので、説明は省略させていただきます。 07/09 20:17

帝人、通期はマテリアル・ヘルスケアともに販売好調で増収も、原燃料価格の上昇等で営業益は減少

園部芳久氏:2018年度の決算について、私からご説明申し上げます。 07/09 07:52

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 原始惑星系円盤内でガスが滝のように流れる様子の想像図 (c) NRAO / AUI / NSF, S. Dagnello.
  • 雪道の安全運転にはタイヤチェーンが大切である。
  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告