1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業一般(1)

企業・産業一般のニュース一覧

rss

都道府県別上場企業数で最下位の長崎県から、ついに上場企業が消えるという。 01/16 22:32

 さて、振り返ってみると、自らの親会社も他社に買収されたのだが、その買収した企業もビジネスモデルを理解することもできないままで終わり、私たちの親会社は、業績不振から立ち直れず、さらに分割、吸収されて消滅していった。 11/09 20:45

顧客満足度1位は百貨店が阪急百貨店、生活用品店・ホームセンターがIKEA-。 11/07 21:46

量産技術のビジネスモデルを無視した親会社からの無茶な要求が続く中、下請けの私の会社は、それではと「コスト半減」の可能性のある方法論を提案した。 11/07 21:33

正常な営業状態でも「下請けいじめ」はあるものだが、発注側が業績不振に陥ったとき、なりふり構わず「コストダウン」要求が始まるものだ。 11/05 18:33

親会社の経営陣が理解できなかったことが何か?技術開発というと、新製品開発などに対しては意外に理解しやすいのか努力を認めるのだが、同じ製品の造り方を変えるなど生産技術に対しては理解できないのだ。 11/02 19:27

「メーカーの下請けいじめ」があるのかないのか?の議論だが、「あるに決まっているだろうに!」と言っておきたい。 11/02 17:01

JR北海道も厳しい。 09/26 21:43

北海道は多くの日本人にとって憧れの地域であるらしい。 09/26 21:42

4日に近畿地方を縦断した台風21号による影響が各社から続々と発表されている。 09/06 21:03

半数以上の企業がハラスメント防止規程を作成(画像: 労務行政研究所発表資料より)

5日、労務行政研究所が発表した「民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況」の結果によると、主要18制度の内、2013年の前回調査と比較して最も率が伸びたのは「パワハラ(モラハラ)防止規程」の作成状況だった。 09/06 08:44

帝国データバンクは10日、メキシコに進出している日本企業についての調査結果を発表。 07/11 17:44

日本企業の約6割に相談役・顧問がいるとされ、ほとんど元の経営トップが就任して来た。 06/16 21:57

帝国データバンクが2018年度の設備投資に関する企業の意識調査結果を発表。企業の62.4%で設備投資計画。投資内容は「設備の代替」が4割超、「省力化・合理化」28.2%、能力増強無き更新投資が主流。

リーマンショックあるいは震災以降、日本は設備投資循環の増大期に入り、順調に景気回復の過程に入った。 06/01 10:37

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告