1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 自然環境・動植物(1)

自然環境・動植物のニュース一覧

rss

今年3月、「気象庁富士山測候所の「カンテラ日誌」所在不明に」という話があったが、すでにこの日誌は廃棄されていたという(毎日新聞)。 08/15 10:59

メリーランド大の研究者が今月のネイチャー誌に発表した論文「Global land change from 1982 to 2016」は、1982年から2016年までの35年間に撮影された衛星写真を分析したものである。 08/14 23:06

アラスカで観察された赤雪現象。(画像:国立環境研究所発表資料より)

雪氷藻類という光合成を行う微生物がいる。 08/12 17:40

オスのマーキング領域に惹きつけられるハエ。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)の研究グループは、発光バイオセンサーを利用した研究によって、ハエの一種キイロショウジョウバエがcVAというフェロモンによって行動を調節する新しいコミュニケーション戦略を発見した。 08/12 08:09

植物性原料のみで缶詰のツナとそっくりの食感や味を再現する「Fish-Free Tuna」を米スタートアップ企業Good Catch Foodが開発し、12月の発売を計画しているそうだ。 08/11 22:48

オーストラリアのモナシュ大学が率いる国際研究チームは、科学誌『プロス・メディシン』に、2031年から2080年における熱波とそれに伴う死者増加についての研究結果を発表した。 08/07 21:25

エチオプラストの膜構造。(画像:東京大学発表資料より)

暗所で発芽させることで作られるモヤシは、細胞内小器官に「ジャングルジムのような」複雑な膜構造を作る。 08/05 20:02

地球温暖化の影響で日本海深海の酸素が減少、生態系に影響が及ぶ可能性があるという。 08/03 00:48

4万2000年に渡ってシベリアの永久凍土内で凍っていた線虫が解凍され、息を吹き返したそうだ。 08/02 11:16

湿性耕作放棄地。ヨシやクサヨシが優占している。かつて営農された履歴を有する。(画像:北海道大学発表資料より)

北海道大学などの研究グループは、耕作放棄地に湿地・草地性鳥類が多く生息していることを明らかにした。 07/29 21:55

ここ最近記録的な暑さが続いており、温暖化の影響を疑う声も少なくない。 07/27 20:39

ミツクリミジンコの雌個体。(画像:東北大学発表資料より)

Daphnia mitsukuri (ミツクリミジンコ)という生物がいる。 07/25 21:59

ヤマモモの果実を食べる5月の屋久島のニホンザル。野生のニホンザルがどのような腸内細菌をもちいて、森の食べ物を消化しているのかを、本研究では明らかにした。(写真提供:早川卓志氏)

京都大学などの研究グループが、野生のニホンザルがどのような腸内細菌を持っているかを明らかにした。 07/24 22:02

犬は飼い主に自分の要望を伝えるため、少なくとも19種類のジェスチャーを使うという。 07/22 23:36

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告