1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 自然環境・動植物(1)

自然環境・動植物のニュース一覧

rss
キンメモドキの発光メカニズム(写真:科学技術振興機構(JST)の発表資料より)

ホタルやチョウチンアンコウなど、発光する生物は数多く存在する。 01/12 18:25

外来種のシカ科の一種であるキョンが千葉県で大繁殖し、農作物を食い荒らしているそうだ。 12/28 18:00

実験の概要(写真:京都大学の発表資料より)

ヒトと遺伝的に近接したチンパンジーは、ヒトの知性の進化を研究するうえでのヒントになっている。 12/27 21:08

海洋酸性化がサメに与える影響について、南アフリカとドイツの研究チームがモヨウウチキトラザメ(Haploblepharus edwardsii)を用いた実験による研究成果を発表した。 12/26 09:50

グリーンランドの氷床を撮影した航空写真を分析した結果、過去20年で氷床上に存在する湖の数が約27%増加していることが分かったという。 12/20 22:11

哺乳類による種子散布の模式図。(画像:森林研究・整備機構の発表資料より)

動物が果実を食べ、そしてその種子を別の場所で糞と共に排出することを種子散布という。 12/20 15:39

国際自然保護連合(IUSN)は国連気候会議で、1960年から2010年の間に海洋に溶け込んでいる酸素の量が、水温の上昇に伴い2%減少したとの報告書を発表した。 12/13 18:55

玄武岩を採取したジョイデス・レゾリューション号(左上)、得られた玄武岩サンプル(上中央)、顕微鏡による粘土鉱物部分(右上)、可視化された微生物(下3枚)。(写真:東京大学の発表資料より)

東京大学は5日、南太平洋還流域の海底から掘削した玄武岩から微生物細胞を発見したと発表した。 12/08 20:09

歩行と遊泳の切り替えの様子(写真:東北大の発表資料より)

水中から陸上へと動物が移行したのが、約3億6,000万年前。 12/05 15:06

「種の保存法」が改正され、11月26日より「コツメカワウソ」と「ビロードカワウソ」の売買・譲渡の際に登録が必要となる。 12/02 19:40

コーデルジュズヒゲムシのアルコール標本。(画像:北海道大学発表資料より)

ジュズヒゲムシの仲間は朽木の樹皮の下の隙間で暮らす昆虫である。 11/25 17:30

南鳥島沖5,600mの海底で採取された試料から高濃度のオスミウムが発見された(産経ニュースの記事)。 11/24 21:40

研究の概略図。(画像:東京大学発表資料より)

アニメ『けものフレンズ』は、絶滅危惧種保護に貢献した。 11/24 21:25

海ぶどうの体:果物のブドウに似た房の部分(Fronds)とつた状上の部分(Stolon)。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

沖縄の食品として有名な海ぶどうは、実は単細胞生物である。 11/23 14:29

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告