1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 自然環境・動植物(1)

自然環境・動植物のニュース一覧

rss
ヒトとイヌの心拍変動の解析結果 両者に相関がみられる(写真:麻布大の発表資料より)

ヒトとの共生を始めた最古の家畜であるイヌ。 07/21 17:38

京都や滋賀などで、赤いクワガタムシのような姿の有毒の昆虫「ヒラズゲンセイ」が確認されているという。 07/13 14:01

大阪大や国立遺伝学研究所、米国国立衛生研究所(NIH)などの研究者が、金魚の全遺伝子情報の解読に成功したと発表した。 07/09 12:33

ヤマアカガエルのオタマジャクシ。(画像:総合研究大学院大学発表資料より)

オタマジャクシは群れをなして一緒に泳ぐ習性を持つ。 07/08 07:07

コクヌストモドキの歩行軌跡 よく歩く個体の交尾回数が多いが、歩かないオスのほうが受精に強い精子を持つ(写真:岡山大学の発表資料より)

いまだ謎の多い生物の繁殖戦略。 07/06 12:00

ニュウムラカタツムリダニ。スケール:0.1mm。(画像:東邦大学発表資料より)

千葉県立若松高校の入村信博教諭が、国内では初となる寄生虫を発見した。 06/26 19:07

大型のタツノオトシゴは乱獲による個体数減少のため取引が規制されているそうで、中国では乾燥タツノオトシゴの大量密輸が行われる事態になっているそうだ。 06/21 09:51

セミは数年から十数年を土の中で過ごし、成虫になって地上に出てからは1週間ほどで死ぬと言われているが、実際には10日以上、種によっては1か月ほど生存するということを広島県笠岡市の笠岡高校3年生の植松蒼さんが突き止めたそうだ。 06/21 09:50

赤外線サーモグラフィで撮影したチンパンジーの画像例。色の違いは温度の違いを表す。(画像:京都大学発表資料より)

チンパンジーは怪我を負った人間に関心を向け、情緒的な反応を示すものであるらしい。 06/20 11:20

ヤマカガシ

カクテルのレシピが変幻自在であるように、毒ヘビもまた自らの毒を変幻自在に進化させるものであるらしい。 06/16 12:26

貝がら断面に形成された成長線。(画像:東京大学大気海洋研究所発表資料より)

津波などの大規模災害に際し、「前後の環境変化」を分析する事は難しい。 06/14 07:49

研究の概要図。(画像:京都大学発表資料より)

この20年ほど、自然環境に対するシカの食害が大きな問題となっている。 06/09 19:46

ヒョウタンホソヒラタムシ Airaphilus abei の全形写真。体長は2.77~3.36ミリメートル。(画像:愛媛大学発表資料より)

青森県で、絶滅危惧種である可能性が高い新種の甲虫が発見された。 06/03 21:57

イトヨの淡水域への進出とDHA合成酵素Fads2遺伝子の増加。(画像:国立遺伝学研究所発表資料より)

地球の生命は、はじめ海で誕生したと言われている。 06/03 09:49

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告