1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 自然環境・動植物(1)

自然環境・動植物のニュース一覧

rss

3万8,000年前にまでさかのぼるスリランカのファーヒエンレナ洞窟を調査したドイツのマックス・プランク進化人類学研究所は、ホモ・サピエンスが小型の哺乳類を狩猟していたことを発見したと発表した。 02/21 17:36

世界中に生息する昆虫のうち、40%の種で絶滅の危険があるという。 02/15 08:23

奄美大島のマングース根絶が間近になっているそうだ。 02/07 13:54

暗い体色のシカネズミ(左)と、明るい体色のシカネズミ。(画像:藤田医科大学発表資料より)

藤田医科大学の若松一雅特任教授らが参加する国際研究グループが、野生マウスの一種であるシカネズミの体毛色が、環境圧による淘汰によって急速に適応進化することを実証した。 02/06 15:40

インドネシア・ジャワ島で、昆虫が閉じ込められたオパールが見つかった。 02/05 22:16

テルアビブ大学の研究者によると、マツヨイグサ属の花(Oenothera drummondii)はハチの羽の音を検知して蜜の甘さを一時的に上昇させるという(ナショナルジオグラフィック)。 01/26 11:44

草食動物とされるノウサギの一種が動物の死骸を食べている姿が観測された。 01/19 12:39

ハワイ固有のカタツムリ「ハワイマイマイ」の知られている限りの最後の1匹が死亡した。 01/16 15:29

ヤッコソウの花粉を媒介するヤクハヤシウマ(カマドウマの仲間)。(画像:神戸大学発表資料より)

鹿児島県の屋久島に分布する菌従属栄養植物(光合成をやめた植物)ヤッコソウは、通常花粉の媒介者となることのないスズメバチ、ゴキブリ、そして世界的にも発見された例のないカマドウマの仲間に花粉の媒介を託していることが明らかになった。 01/13 21:51

毛顎動物(ヤムシ)。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、毛顎動物(Chaetognath)、またはヤムシと呼ばれる動物性プランクトンの、これまで未解明だった系統樹上の位置づけを明らかにしたと発表した。 01/13 21:43

オーストラリア東部沿岸でのサメの個体数が大きく減少しているという。 12/20 17:48

東京海洋大学の鯨類学研究室が、八丈島で確認されるザトウクジラの調査資金を募るクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げている。 12/17 22:13

ゲンヨクロミス・メントが餌魚(キンギョ)の尾びれに食いつく瞬間。(画像:富山大学発表資料より)

アフリカ・マラウィ湖に生息する鰭(ヒレ)を食べる魚、G.mento(ゲンヨクロミス・メント)にも右利きの個体と左利きの個体がいるという。 12/17 21:37

「南海トラフ地震発生帯掘削計画」で掘削した地点。今回はExp.358部分の採掘を行う。(画像: 海洋研究開発機構の発表資料より)

昨今話題になっている南海トラフ地震だが、今後30年以内に起こる確率は70〜80%と予測されている。 12/17 11:23

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告