1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済指標・統計(1)

経済指標・統計のニュース一覧

JLLのレポートによると2019年第1四半期の世界の商業用不動産投資額は前年同期比 8%減の1560億ドル。投資額では東京がトップ、次いで上海。東京は昨年の91億ドルから65億ドルに減速。上海は増加。

東京五輪後の景気失速を懸念する声が多かった。 05/27 09:43

日本政策金融公庫が4月の全国小企業月次動向調査を発表し、製造業や小売業などにより4月は改善したものの、5月は再び悪化する見通しとなることや、今後値上げを考えている企業が増えていることが分かった。 05/25 06:55

求人サイトを運営するディップやエン・ジャパンの発表によると、派遣社員の平均時給は引き続き上昇しており、その中でも技術職や専門職などで特に時給が高くなる傾向にあることが分かった。 05/23 22:04

(c) 123rf

日本ショッピングセンター協会の発表によると、気温の低さもあって衣料品が不振だったものの、大型連休により飲食が堅調だったことから、ショッピングセンターの4月売上高が3カ月連続で前年同月比プラスだったことが分った。 05/23 20:52

(c) 123rf

21日、日本百貨店協会が4月の全国百貨店売上高概況を発表した。 05/22 16:53

日本政府観光局の発表によるとと、4月の訪日外客数が過去最高を更新するとともに、イースター休暇のずれにより欧米からの外客数が大きく伸びたことが分かった。 05/22 12:21

経済産業省が発表した電子商取引市場に関する資料によると、日本国内の市場規模やフリマアプリの市場規模が大きく伸びていることや、世界市場における中国の存在が大きいことが分かった。 05/18 11:34

求人サイトを運営するパーソルキャリアとディップが4月のアルバイト平均時給を発表し、パーソルキャリアの「an」では高止まりの傾向を示し、ディップの「バイトル」では引き続き上昇していることが分かった。 05/17 08:44

米中貿易摩擦が激しさを増している中、東京商工リサーチが「日系企業の中国進出状況」を調査。中国進出の企業は1891社、4380拠点を展開。産業別には製造業が半数。業種別には耐久消費財の卸売が最多。

世界的に株安の傾向が進んでいる。 05/16 08:51

帝国データバンクの調査によると、2018年度の通信販売業者の倒産件数が過去最高となるとともに、小規模の通販業者にとって厳しい状況になっていることが分かった。 05/15 13:22

東京商工リサーチの発表によると、4月の倒産件数が3カ月連続で前年同月比マイナスとなった一方、2カ月ぶりに負債総額が増加し1,000億円を越えたことが分かった。 05/15 12:20

2019年に入り5月初旬までに社員に対し希望・早期退職者を募った上場企業は16社にのぼることが14日、民間の調査機関、東京商工リサーチ(東京都千代田区)の調査でわかった。 05/14 19:52

求人情報サイトを運営するディップやパーソルキャリアが4月の求人動向を発表し、これまでから引き続き求人数が増えていることが分かった。 05/14 11:46

内閣府は13日、3月の景気動向指数について景気後退の可能性が高いことを示す「悪化している」との基調判断となったことを発表した。 05/14 10:01

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 左から「のどごしなめらか 冷し山菜おろしそば」、「のどごしなめらか ざるそば」、「冷しとろろそば」。(画像:ファミリーマート発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)
  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告