1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済指標・統計(1)

経済指標・統計のニュース一覧

内閣府が2019年11月分景気動向指数を発表

今年のオリンピックに関連する特需のピークアウトによりオリンピック前後での景気後退が懸念されてきた。 02/19 08:34

矢野経済研究所が携帯電話の世界市場に関する調査。

今年2020年は5G(第5世代移動通信システム)が日本国内でも本格化する見込みだ。 02/18 08:35

富士経済がセキュリティ関連の機器・システム・サービスについて調査

AIやIoTなど情報通信技術の進化は業務の効率化や生活の利便性を向上させるものだ。 02/18 08:34

帝国データバンクの発表によると、国内菓子メーカーの売上高は引き続き伸びているものの、伸びは鈍化しており、今後に関しては厳しさも見られることが分かった。 02/14 11:57

東京商工リサーチが「チャイナリスク」関連倒産調査

世界の工場とも呼ばれ、人口14億人の大消費マーケットである中国には日系企業が多数進出している。 02/14 09:05

統計局が家計調査報告2019年を公表。10~12月期の総世帯の消費支出は1世帯当たり24万7264円

2018年からの世界経済の減速を受けて景気回復の腰折れが懸念されてきた。 02/13 09:22

世界におけるHDDの年間出荷台数は、5年連続で減少しているという。 02/12 18:20

東京商工リサーチが1月の倒産状況を発表し、倒産件数が5カ月連続で前年同月比プラスとなったほか、人手不足関連の倒産件数も増えつつあることが分かった。 02/11 07:26

リクルートライフスタイルが2019年12月の外食市場規模を発表し、曜日が不利になったことや消費税アップの影響などにより、5カ月連続で前年同月比マイナスとなったことが分かった。 02/09 15:49

矢野経済研究所がホテル市場を調査。市場規模は前期比5.6%増の2兆291億円

2019年の訪日外国人数は3188万人で前年比2.2%の順調な増加だ。 02/07 09:06

Dropboxが「ITツール利用に関する実態調査」

AI活用などのオフィスオートメーションの普及にともない社員の創造性の発掘がより重要な時代になってきた。 02/06 08:30

IDCの推計によると、2019年第4四半期のスマートフォン出荷台数でAppleが2017年第4四半期以来8四半期ぶりにSamsungを抜いて1位に上昇している(プレスリリース)。 02/06 08:27

帝国データバンクが1月の景気動向指数を発表し、海外の景気減速や暖冬などを背景に、4カ月連続で指数が悪化したことが分かった。 02/06 08:21

日本百貨店協会が2019年の全国百貨店売上高概況を発表。年間売上高は既存店ベースで5兆7547億円、1.4%減。10-12月移動平均8.8%の大幅減

一昨年より世界経済の減速を受けて国内景気指標も緩やかに減速傾向だ。 02/05 08:44

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告