1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 分析・コラム(1)

分析・コラムのニュース一覧

■老熟投資家が、共通して食指を動かすかもしれないテーマ株とは? これはバッシングであり、まるで「いじめ」のようだ。 12/09 11:30

将来有望と判断できる未上場企業の株式に投資を行える時代が、いよいよ本格化しそうな気配をみせている。 12/05 09:04

オーストラリア政府による中国通信大手「ファーウェイ(華為技術)」の排除を受け、ファーウェイのオーストラリア現地法人がすでに人員削減を実施していると報じられている。 12/04 09:21

■師走の街々で輻輳するトラックはリアルな先行指標!? 今週は、宅配会社、物流センター会社、物流資機材会社、物流サービス会社など物流業務を包括的に受託する3PL(サード・パーティ・ロジスティック)関連株に注目したい。 12/02 11:50

■兜町の有力な景気先行指標 今ではなかなか信じてもらえないかもしれないが、兜町ではかつて「背広」が、有力な景気先行指標とされていたことがあった。 12/02 11:49

ソフトバンクグループ(SBG)が9月中間期で15年ぶりの赤字に転落した。 12/02 06:11

昨今は、「01銘柄」が、株価テーマとして取り上げられることがほぼなくなった。 11/25 10:29

「ECO i-Shirt(エコ アイシャツ)」(画像: はるやま商事の発表資料より)

「株式投資は美人投票」と説いたのは、近代経済学発展に幾多の功績を残したケインズ博士である。 11/23 16:58

国際金融協会(IIF)は最新リポートで、2019年上期の世界の債務が7兆5000億米ドル(約813兆7500億円)を増加し、約250兆米ドルまで拡大したと報告した。 11/20 12:08

■上方修正セット銘柄の代表株 「買いたい弱気」派にアプローチをお薦めしたいのが、上方修正セット銘柄である。 11/18 11:35

■「買いたい弱気」派なら上方修正セット銘柄に絞って師走相場へアプローチも一考余地 「買いたい弱気」と「売りたい強気」が、マーケットに溢れているようだ。 11/18 11:32

株式市場が持つ顔は、極めて多面的である。 11/15 08:35

今月4日バンコクで開催された東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会合では、インドを除いた15カ国が2020年中での署名を目指すことで合意した。 11/13 11:22

インドの首都ニューデリーの大気汚染が深刻な状況に陥っている。 11/06 11:33

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告