ホーム > ニュース一覧 > 分析・コラム(1)

分析・コラムのニュース

【株式市場特集】師走相場で狙うべき銘柄は?不完全燃焼のパチンコ・パチスロと花粉症関連株に注目

【日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部】 ■「餅代稼ぎ」、「ミルク稼ぎ」、「掉尾の一振」の師走リベンジ相場に期待 師走相場は、大蔵ざらえの季節でもある。
11/28 11:07

【どう見るこの相場】ハイテク株に割を食った不完全燃焼銘柄、師走相場で餅代稼ぎに挑む!

【日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部】 ■師走相場でリベンジを狙う不完全燃焼銘柄、パチンコ・花粉症関連株は買いか? 決算発表が終了し決算集計も一段落、11月相場の決算プレーが一巡した。
11/28 11:06

相場展望11月27日号 米国株: 米消費動向を占う年末商戦が11/24から始まる、長期金利の動向にも注目 日本株: 日本株は「朝高の後場安」の展開続く、米年末商戦次第か?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/23、祝日「感謝祭」のため休場 2)11/24、NYダウ+117ドル高、35,390ドル(日経新聞より抜粋) ・8月上旬以来の高値となった。
11/27 10:54

相場展望11月23日号 米国株: 米金利は高水準が長期化、金利低下は時期尚早と予想 日本株: 円高は短期的、やがて円安基調に復帰し、株価の追い風に

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/20、NYダウ+203ドル高、35,151ドル(日経新聞) ・個別の材料を手掛かりに買われた銘柄が相場を支えた。
11/23 14:40

バフェット氏が円建て社債発行、その思惑とは?

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、約1200億円の円建て社債の発行を決めた。
11/21 16:42

【マーケットセンサー】新NISAで注目の株式分割銘柄と証券株

【日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部】 ■株式分割銘柄は業績上方修正や増配など好材料が多く、新規資金の受け皿になる可能性 来年1月からスタートする新NISA(少額投資非課税制度)関連で、この12月31日を基準日に株式分割を実施する銘柄が注目されている。
11/21 15:38

相場展望11月20日号 米国株: クリスマス商戦を追い風に走り出した米国株、12月中旬まで 日本株: 米国株高を追って海外投資家・証券自己部門が買い転換

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/16、NYダウ▲45ドル安、34,945ドル(日経新聞) ・決算発表で市場予想を下回る見通しを発表した銘柄を中心に売られ、NYダウの重荷となり、5営業日ぶりに反落した。
11/20 12:16

バーリ氏の半導体プットオプション取得が意味することとは?

著名投資家バーリ氏が率いる資産運用会社が、2023年第3四半期に半導体株の下落に賭けるオプション取引をしたと、ロイター通信などが報じている。
11/18 08:01

相場展望11月16日号 米国株: インフレ鈍化⇒金利低下⇒株高も、急騰後の反落に注意 日本株: 「突出して上昇」した株価の、「反落リスク」に目配り

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/13、NYダウ+54ドル高、34,337ドル(日経新聞) ・米国のインフレに対する過度な警戒が和らぎ、株式相場の支えとなり、9月以来の高値で終えた。
11/16 11:54

【株式市場特集】グロース市場のバリュー株を探せ!業績上方修正、高配当、時価総額上位の割安銘柄を厳選

■業績上方修正銘柄の中に隠れた宝石、PER3倍、配当利回り4%超のグロース市場のバリュー株 今週のコラムは、グロース市場のバリュー株に注目することにした。
11/14 12:15

【どう見るこの相場】グロース株の投資セオリーが通用しない東証グロース市場、業績好調なバリュー株にチャンス

■出遅れの出遅れ修正で東証グロース市場のバリュー株へのアプローチも筋違いの選択肢 東証グロース市場は、「カヤの外」のマーケットに甘んじている。
11/14 12:14

相場展望11月13日号 米国株: 11月は経験則では「上昇月」、懸念材料は「新つなぎ予算」 日本株: 7~9月期決算発表シーズンは今週前半まで

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/09、NYダウ▲220ドル安、33,891ドル(日経新聞) ・米長期金利が再び上昇し、相対的な割高感が強まったと見られた株式に売りが出た。
11/13 08:57

ウィーワークの破綻で不動産市況への影響は?

ソフトバンクグループが出資する米国シェアオフィス大手のウィーワークが、米連邦破産法第11条を申請し、破綻した。
11/11 09:30

相場展望11月09日号 米国株: NYダウは下落線の上限34,200にタッチ、転換点のため注意 日本株: 政治の混迷が「日本株にとってリスク」

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/6、NYダウ+34ドル高、34,095ドル(日経新聞) ・米連邦準備理事会(FRB)の金融引締めが長期化するとの見方が後退し、株式相場を支えた。
11/09 11:59

【株式市場特集】株高方程式を解く!業績相場で狙うべきフルセット銘柄の条件とは?

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 今週の当コラムは、「株高、株高、株高」と3連呼した希少価値のあるフルセット銘柄に注目することにした。
11/07 09:28

【どう見るこの相場】業績上方修正・増配・自己株式取得の3連呼で株価急騰!フルセット銘柄の希少性と魅力

【日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部】 ■業績相場で存在感を高めるカタリスト(株価材料) 「株高、株高、株高」と3回も連呼するようなものだから、株価上昇の確率は高まるかもしれない。
11/07 09:27

相場展望11月6月号 米国株: 金利据え置き⇒長期金利低下⇒株高の構図 「つなぎ予算」は11/17に失効⇒政局混乱に注意 日本株: 岸田首相の17兆円経済対策はインフレ増進策 衆院総選挙は来夏のシナリオ?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)11/2、NYダウ+564ドル高、33,839ドル(日経新聞) ・朝発表の米経済指標で、賃金インフレが鈍化を示し、米金融引締めが長引くとの警戒感が和らぎ、NYダウは4日続伸した。
11/06 10:08

相場展望11月2日号 米国株: 「金利据え置き」で株価上昇、「インフレ高を忘れる」 日本株: 「底入れサイン」出るも、騰落レシオは「警戒感」示唆

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)10/30、NYダウ+511ドル高、32,928ドル(日経新聞)   ・前週末のNYダウは3月以来の安値で終えており、自律反発狙いの買いが入り、1日の上げ幅としては6/2(+701ドル高)以来の大きさとなった。
11/02 11:23

【どう見るこの相場】業績相場シナリオに期待と不安!マクロ環境の悪化と決算発表のサプライズが交錯

■業績上方修正・V字回復で株価感応度も高い3セクター株にマクロ環境離れのミクロ相場を継続期待 業績相場シナリオが、何だか心許なくなってきている。
10/31 08:19

相場展望10月30日号 米国株: 厳しい試練が続く株式市場、底値は30,000ドル割れも視野? 日本株: 買い手の海外投資家と証券自己部門が売り転換、買い手不在

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/26、NYダウ▲251ドル安、32,784ドル(日経新聞) ・NYダウ構成銘柄ではないが、10/25夕発表の7~9月期決算を材料に交流サイトのメタが売られた。
10/30 10:24

相場展望10月26日号 米国株: 米経済は強く、インフレ退治できず、金利上昇・長期化 日本株: 反発は「自律反発の範囲」で、買い方は弱く、注意

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/23、NYダウ▲190ドル安、32,936ドル(日経新聞より抜粋) ・米長期金利が朝方に5%を超えた後、低下(長期債価格は上昇)に転じた。
10/26 11:00

【どう見るこの相場】資産防衛・生活防衛のセオリー通りに「有事の金買い」と「有事の金売り」の関連株に底値逆張り余地

「有事の金買い」、「有事のドル買い」は、リスクヘッジの基本中の基本の資産防衛策である。
10/23 13:28

【小倉正男の経済コラム】異常気象 フグ漁獲量は北海道が全国トップ

■異常気象でフグはいまや北海道が産地 先日、個人的なお祝いで和食店に伺った。
10/23 12:24

相場展望10月23日号 米国株: 長期金利5%乗せで、割高感意識高まりSOX指数下落、注意! 日本株: 「やや割安感」出るも、米国の長期金利の動向次第

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/19、NYダウ▲250ドル安、33,414ドル(日経新聞より抜粋) ・米長期金利の上昇が続き、米景気の先行き不透明感や株式の相対的な割高感が意識された。
10/23 08:49

相場展望10月19日号 米国株: 米国が抱える3重苦⇒株価には逆風 中国株: 景気回復に力強さ欠く 日本株: 市場エネルギーは高くなく、売りに押されやすい

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/16、NYダウ+314ドル高、33,984ドル(日経新聞) ・米主要企業の決算発表が本格化する中、内容が市場の想定より上振れすることを見込んだ買いが入った。
10/19 11:55

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

人気のビジネス書籍