1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(5)

遺伝子のニュース(ページ 5)一覧

ヤリタナゴ。(画像:関西学院大学発表資料より)

ヤリタナゴはコイの仲間で、準絶滅危惧種に指定されている。 10/31 07:46

研究の概要。(画像:東京農工大学発表資料より)

活性酸素はあらゆる生物に対して有害と考えられてきた。 10/30 11:31

国立国際医療研究センターなどの研究グループが特定していた新たな血液型「KANNO」が、国際輸血学会に認定された。 10/29 09:20

高品質プロポリスの原料となるブラジル産のバッカリス(左)と国産のカワラヨモギ(右)の成分(写真:京都大学の発表資料より)

京都大学は25日、国産の野生植物であるカワラヨモギから、アルテピリンCを作る酵素遺伝子の特定に成功したと発表した。 10/27 22:03

昆虫腸内における細菌間競合の模式図(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

「腸内共生」は人間を含めほとんどの動物にみられる現象であり、食物の分解や免疫系の恒常性維持などで重要な役割を果たしている。 10/24 08:48

シロアリの新たな系統樹。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

シロアリの進化の歴史に関して新たな発見があった。 10/20 20:49

ゲノムワイド関連解析の結果。赤矢印が今回の研究で同定された収量に関わるゲノムの領域。この領域で発見された14の候補遺伝子の中に、植物ホルモン「ジベレリン」のシグナル制御に関わるOsSPYが含まれていた。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

イネの収量増加は稲作に携わる人たちにとって共通の望みであり、遺伝子からのアプローチも多くの研究で行われてきた。 10/19 10:04

シャットネラ・アンティーカの顕微鏡写真。(画像:水産研究・教育機構発表資料より)

シャットネラは赤潮の原因となる藻の一種である。 10/18 08:00

キンウワバトビコバチのライフサイクル。(画像:東京農工大学発表資料より)

キンウワバトビコバチは蛾を宿主とする寄生蜂である。 10/17 12:03

タンパク質「ADAMTS8」による肺高血圧症・右心不全の促進機構。(画像: 東北大学の発表資料より)

指定難病である肺動脈性肺高血圧症は、未治療の場合その平均生存期間は約3年である。 10/17 09:31

クシクラゲの一種カブトクラゲ(左上)と虹色に輝く櫛板(左下)。右図は、本研究で新たに発見されたCTENO64の機能を示す模式図。(画像:筑波大学発表資料より)

クシクラゲは虹色に輝く美しい生き物である。 10/14 17:36

クローン繁殖体(無性芽)によるゼニゴケの栄養繁殖。(画像:神戸大学発表資料より)

無性生殖を行う植物は珍しくない。 10/14 10:02

宝ホールディングス傘下のタカラバイオは7日、「Cas9タンパク質」に関して、ゲノム編集に最適とされるGMPグレードの商品を発売した。 10/13 10:32

脳領域が損傷を受けたのちに新たに神経路が形成される仕組み(写真:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は7日、理化学研究所(理研)と共同で脳損傷後に形成される神経路を新たに発見したと発表した。 10/09 17:10

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

広告