遺伝子のニュース(ページ 3)

新型コロナ重症化、ネアンデルタール人の遺伝子が影響か 沖縄科技大などの研究

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染しても無症状である人がいる一方で、重症化して入院する必要のある患者がいるなど、その症状には大きな開きがある。
10/05 11:54

新型コロナ感染に関わる遺伝子、地域・民族間の差は無し 環境要因が影響か 北大ら

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるう中、死亡率など新型コロナウイルスの感染状況が地域によって顕著に異なることが確認されている。
09/23 18:50

DNA修復する光回復酵素の能力を向上 光合成のメカニズム用いて 阪大ら

大阪大学基礎工学研究科らのグループは、DNA上の傷(損傷DNA)が紫外線など太陽光に含まれる青色光により修復する光回復酵素の能力を、光合成の過程で発生する光捕集の現象を用いて向上させることに成功したと発表した。
09/22 13:42

DNAなど含む細胞核誕生の謎 巨大ウイルスが起源か 東京理科大が新説

細胞と異なり、宿主の生物に感染することで増殖するウイルス。
09/12 16:01

宇宙ストレスによる加齢 阻止する遺伝子突き止める JAXAらがISSで実験

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、国際宇宙ステーション(ISS)でマウス実験を実施した結果、宇宙環境でのストレスによる加齢を阻止する遺伝子を突き止めたと発表した。
09/10 12:18

哺乳類細胞の遺伝子のスイッチを光でオンオフ 京大が技術開発

京都大学は8月28日、哺乳類の細胞に青色光を照射することで、哺乳類細胞における遺伝子のスイッチをオンオフする技術を開発したと発表した。
09/01 08:00

新型コロナに感染しやすい人? 重症化しやすい人? 分かり始めた感染リスク!

感染拡大が続く新型コロナウイルスに関しては、世界中の研究機関であらゆる研究が進んでいる。
08/27 17:24

コロナ禍 vs ミズホメディー & ニプロ & アンジェス日本連合軍

3月27日付けの企業・産業欄に、『ミズホメディー(ミズホ)の収益が映す「今年のインフルエンザ」発生は低水準』と題する一文を投稿した。
08/26 12:08

遺伝子を組み換えた蚊7.5億匹を放出する実験 米フロリダ州で

フロリダで遺伝子を組み換えた蚊を1年ほどかけて放つという実験計画があるそうだ。
08/22 18:05

種子・ゲノム編集、食糧危機背景に世界の農作物バイオ市場は30年に420億ドルへ

3月3日に種苗法の改正が閣議決定され3月国会で成立を目指す予定であった。
08/21 08:57

「接ぎ木」はなぜ可能なのか? 名大などがメカニズムを解明

複数の植物を繋ぎ合わせて、1つの植物のように育てる「接ぎ木」。
08/18 12:28

トノサマバッタを大群化させる誘引物質が特定される

トノサマバッタが大群化する誘引物質として、中国科学院の研究チームが4-ビニルアニソール。
08/16 08:09

米ファイザーらが開発中の新型コロナワクチン 健康な人への臨床試験に成功

世界中で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するワクチンの開発が進められている。
08/15 13:07

Excelの自動書式変換を避けるため、遺伝子シンボルが変更される

Microsoft Excelなど表計算ソフトウェアの自動書式機能により遺伝子シンボルが日付などの誤った値に変換されてしまうことを防ぐため、HUGO Gene Nomenclature Committee(HGNC)のガイドラインが変更されたそうだ。
08/09 18:53

研究が進む新型コロナ! BCGとビタミンDが効いている? 血液がO型の人はA型よりも安全?

謎の多い新型コロナウイルスを巡る議論は幅広い。
08/07 16:35

「血管新生」引き起こす因子を細菌から初めて発見 創薬などに期待 藤田医科大

既存の血管から新しい毛細血管が形成されることで、体の損傷部位の治癒が促される「血管新生」。
07/20 15:08

理研など、光合成細菌使いクモ糸作ることに成功 量産化の可能性高まる

理研のバイオ高分子研究チームが、光合成細菌を使用して蜘蛛の糸と同様のクモ糸シルクタンパク質を生産することに成功したそうだ。
07/17 18:37

オスとメスの違いを生むのはホルモンか染色体か? 遺伝学研らがゲノム技術で解明

オスとメスの違いは、行動や形態など多岐にわたる。
07/07 19:13

光を活用して脳の神経細胞を操作 サルの手を動かす 世界初 生理研ら

生理学研究所と東北大学の研究チームが、オプトジェネティクス(光遺伝学)と呼ばれる技術を使い、サルの手を動かすことに世界で初めて成功した。
07/03 07:41

高齢者の血圧が塩分の多い食事で上がるメカニズムを解明 東大の研究

高齢になると高血圧になりやすくなるということは、これまでも経験的にわかっていたが、その理由は不明だった。
07/02 11:31

熊本大、細胞の老化を防ぐ酵素を発見

高齢化の進む日本。平均寿命が今後も延びると予想されるため、健康を維持しつつ年齢を重ねることが求められる。
06/26 07:04

遺伝子改変マウスを高効率で作製 幅広い分野での応用に期待 理研

理化学研究所の阿部高也技師らの研究チームが6月18日、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を使ったノックインマウスの作製法を開発したと発表した。
06/24 07:20

新型コロナウイルスの変異は遅い 米ジョンズホプキンス大の研究

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの開発が世界中で進められている。
06/15 10:50

ゲノム編集技術応用し新型コロナを迅速診断 簡易装置で最短40分 東大など

東京大学医科学研究所の真下知士教授らが、ゲノム編集技術「CRISPR-Cas3(クリスパー・キャス3)」を用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を迅速に検出する診断法を確立したと発表した。
06/10 07:24

暑さ和らげる遺伝子を解明 唐辛子が暑さを和らげる理由は 京都工芸繊維大

ヒトは恒温動物であるため体温を一定に保つ仕組みを有しており、そのおかげでほぼ全地球にわたる生息範囲を手に入れた。
06/04 06:52

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む