1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(3)

遺伝子のニュース(ページ 3)一覧

今回の実験の概要(藤田医科大学発表資料より)

がん幹細胞は、がんの転移や腫瘍形成に大きなな役割を果たしている細胞である。 10/07 07:54

Periophthalmodon septemradiatusのオス(手前、婚姻色)とメス(奥)。(画像:長崎大学発表資料より)

トビハゼの仲間のほとんどは沿岸域に生息する。 10/06 17:20

原始細胞のモデル。情報と触媒機能を担う各分子へと進化する。(写真:東京大学の発表資料より)

東京大学は4日、分子生物学の基本原理であるセントラルドグマが、物理学における自発的対称性の破れによって説明可能であることを示したと発表した。 10/04 19:28

バナナの木に感染し、立ち枯れを起こさせる「パナマ病」については以前から問題となっていたが、このたび世界で消費されるバナナのほとんどを生産している中南米コロンビアでこのパナマ病が確認された。 10/02 20:15

研究の概要図。(画像:京都大学発表資料より)

家族性地中海熱は遺伝性の難病である。 09/24 18:27

伝染病対策として、遺伝子を改変した蚊を放出するという手法が検討されている。 09/21 13:01

「サクセンダ」「ビクトーザ」などの製品名で知られる「遺伝子組み換えリラグルチド」という2型糖尿病治療薬を濫用したダイエット手法が出現し、「GLP-1ダイエット」といった名前で宣伝されているようだ。 09/18 08:51

カリフォルニア大学デービス校の研究から、猫のマーキング物質が肛門嚢に住みついている微生物によって作られていることが明らかにされた。

飼い猫がコミュニケーションに利用するマーキング物質の多くは、猫の肛門に住む微生物が作ることを、カリフォルニア大学デービス校ゲノムセンターの研究が明らかにした。 09/17 11:42

ケニアに生息するストライガ(Striga asiatica)。(画像:理化学研究所発表資料より)

その恐るべき生態から「魔女の雑草」と呼ばれる病害植物ストライガ。 09/14 12:26

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 京都大学の発表資料より)

がんの発生メカニズムの解明やiPS細胞を用いた治療において鍵となるのが、「エンハンサー」と「プロモーター」である。 09/12 12:07

沖縄のサンゴ礁を泳ぐイイジマウミヘビ(真ウミヘビ類)。写真提供:笹井隆秀(琉球大学)

ある種の動物は、いったん陸棲に進化した後海棲へと回帰した。 09/12 11:57

研究の概要図(写真:京都大学の発表資料より)

生命をより理解するためには、生きたままの個体において、神経細胞等の細胞間の情報伝達を操作する必要がある。 09/11 20:00

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所、ダナフォーム、京都大学は3日、“遺伝子の発現スイッチ”として働く「エンハンサー」を高感度で検知し、さらに活性度を測定する技術の開発に成功したことを発表した。 09/09 11:14

マグネシウム脱離酵素と相同な遺伝子の系統樹。植物の遺伝子はバクテリア由来であることを示唆している。(画像:北海道大学発表資料より)

植物が緑色なのはクロロフィル(葉緑素)を持つからである。 09/08 20:36

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告