1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(4)

遺伝子のニュース(ページ 4)一覧

体液のNa+度上昇に応答した血圧上昇を担う脳内メカニズム。(画像:基礎生物学研究所発表資料より)

塩分を取りすぎると高血圧になるという事実はよく知られている。 12/03 08:25

中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行い、その後その胚から子供を誕生させる実験を行なったという。 11/27 22:35

トヨタ自動車と日本たばこ産業(JT)は、動植物などの品種改良を飛躍的に加速させるトヨタ独自のDNA解析技術「GRAS-Di」のライセンス契約を11月20日付で締結した。 11/22 08:40

マウス嗅球僧帽細胞・房飾細胞のTetbow法染色例(画像: 九州大学の発表資料より)

九州大学は、脳内の複雑に絡まった神経回路を、個々の神経細胞ごとに異なる蛍光色に染色して、回路の繋がりを解明できるようにする手法:Tetbow法の開発に成功した。 11/21 19:33

DPD1ヌクレアーゼ=オルガネラDNAを分解する酵素を発見。(画像:神戸大学発表資料より)

リンは植物にとって必要不可欠で、その三大栄養素に数えられる。 11/19 08:23

野生グッピー。個体ごとに体色の異なる雄3匹と雌1匹(右下) (群馬大佐藤綾氏提供)

グッピーは観賞魚としてよく知られる魚である。 11/17 11:34

ニホンジネズミ。(The Wild Mammals of Japan. Second edition (Ohdachi et al., 2015) (松香堂, 日本哺乳類学会)より)

ニホンジネズミという日本固有種の小型哺乳類がいる。 11/11 18:24

同じ光環境で45日間生育させた、通常の植物(左側)と常に多くの葉緑体を細胞の上面に集めた植物(右側)の生育写真。(画像: 九州大学の発表資料より)

九州大学の後藤栄治助教らの研究グループは、光合成を行う葉緑体を植物の細胞の上面に集める技術によって植物を大きく育てることに世界で初めて成功した。 11/10 09:13

研究の概要。(画像:名古屋大学発表資料より)

朝食を抜くと体重が増える事は経験的にはよく知られている。 11/04 20:40

アクチビンEのエネルギー代謝亢進作用。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学などの研究グループが、アクチビンEというタンパク質の肥満解消効果を発見した。 11/04 20:33

「人の寿命を予測する」技術の開発が進んでいるという。 10/29 22:34

米国のJust, Inc.(JUST)が年内に細胞培養による鶏肉「Just Meat」を市場投入する計画を示している。 10/21 00:17

遺伝子検査から導き出される診断結果は確定的な情報として捉えられやすい傾向にある。 10/20 23:30

パラピノプシン1種類により色検出が行われていることを示すカルシウムイメージングの結果。(画像:大阪市立大学発表資料より)

色検出はもっとも重要な光感覚の一つである。 10/18 19:16

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告