1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(4)

遺伝子のニュース(ページ 4)一覧

ケニアに生息するストライガ(Striga asiatica)。(画像:理化学研究所発表資料より)

その恐るべき生態から「魔女の雑草」と呼ばれる病害植物ストライガ。 09/14 12:26

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 京都大学の発表資料より)

がんの発生メカニズムの解明やiPS細胞を用いた治療において鍵となるのが、「エンハンサー」と「プロモーター」である。 09/12 12:07

沖縄のサンゴ礁を泳ぐイイジマウミヘビ(真ウミヘビ類)。写真提供:笹井隆秀(琉球大学)

ある種の動物は、いったん陸棲に進化した後海棲へと回帰した。 09/12 11:57

研究の概要図(写真:京都大学の発表資料より)

生命をより理解するためには、生きたままの個体において、神経細胞等の細胞間の情報伝達を操作する必要がある。 09/11 20:00

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所、ダナフォーム、京都大学は3日、“遺伝子の発現スイッチ”として働く「エンハンサー」を高感度で検知し、さらに活性度を測定する技術の開発に成功したことを発表した。 09/09 11:14

マグネシウム脱離酵素と相同な遺伝子の系統樹。植物の遺伝子はバクテリア由来であることを示唆している。(画像:北海道大学発表資料より)

植物が緑色なのはクロロフィル(葉緑素)を持つからである。 09/08 20:36

ゼブラフィッシュの脳活動等の観察。レム睡眠とノンレム睡眠に相当する状態が発見された。(写真:国立遺伝学研究所の発表資料より)

国立遺伝学研究所は5日、ゼブラフィッシュにおいてレム睡眠とノンレム睡眠の存在を発見したと発表した。 09/06 11:36

「人の性的指向に強く関わる特定の遺伝子は存在しない」という研究結果が発表された。 09/04 15:04

動脈硬化による足の動脈閉塞症向けの遺伝子治療薬「コラテジェン」の保険適用が決まった。 09/03 15:59

様々な変異型pAMTによるトウガラシの辛味レベルの調整。(図:京都大学発表資料より)

トウガラシの辛みは、辛味成分カプサイシノイドの含有量によって決まる。 09/02 11:34

飢餓と同時に経験した塩の濃度を避ける仕組み(写真:東京大学の発表資料より)

動物が自然界で生き残る確率を高めるためには、過去の経験を記憶・学習し、新しい環境に置かれても適切な行動を起こすことが求められる。 08/30 08:49

初めて心臓移植が行われてから40年が経過したそうだが、その際に執刀を行ったTerence English氏が、遺伝子操作によって人間向けに「適応」させた豚の心臓を人間に移植する手術が3年以内に実現すると述べたそうだ。 08/26 19:05

大阪大学産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは8月20日、酸性環境下でも蛍光する緑色蛍光タンパク質「Gamillus」の改良版「rsGamillus」の開発に成功したと発表した。 08/26 18:27

色素遺伝子を破壊したラットの大量作製に成功(写真:京都大学の発表資料より)

基礎・医学研究に幅広く活用されているラット。 08/24 12:24

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告