1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(4)

遺伝子のニュース(ページ 4)一覧

さまざまながんにおけるエピゲノム異常の形成メカニズムとEZH1/2阻害薬による制御の模式図(画像: 東京大学大学院の発表資料より)

がん抑制遺伝子は傷ついた遺伝子を修復したり異常になった細胞を排除したりして、細胞のがん化を防ぐために働く遺伝子である。 11/24 21:19

海ぶどうの体:果物のブドウに似た房の部分(Fronds)とつた状上の部分(Stolon)。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

沖縄の食品として有名な海ぶどうは、実は単細胞生物である。 11/23 14:29

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の研究グループは18日、iPS細胞において、遺伝子を安定化し、がん化等を防ぐ仕組みを解明したと発表した。 11/20 20:14

遺伝子組み換えを行った豚の皮膚を人間に移植することについて、米FDA(食品医薬品局)が認可を行った。 11/14 09:36

従来の二段階培養プロセス (上) と本研究の一段階培養プロセス (下)。(画像:神戸大学発表資料より)

光と水と二酸化炭素から、アスタキサンチンを大量生産する技術が開発された。 11/11 18:42

研究の概略図。(画像:神戸大学発表資料より)

植物はその生涯に渡って増殖を続ける。 11/11 17:41

ヒストンアセチル基転移酵素HAG1とHAG3によるリプログラミング誘導の仕組み(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)らの国際共同研究グループは4日、植物が傷害を受けた場合にその細胞がリプログラミングされる仕組みを分子レベルで解明したと発表した。 11/07 09:21

最初の解剖学的現生人類(anatomically modern humans)はアフリカのボツワナで20万年前に誕生したとの研究論文が発表された。 11/05 20:16

リュウキュウフノリ(Gloiopeltis compressus)。(画像:神戸大学発表資料より)

フノリは糊の原料や食用にもなる海藻の一種である。 11/05 08:40

今回の研究の概要(画像: 東京大学の発表資料より)

急性腎障害(AKI)は何らかの原因で腎臓の働きが急に悪くなる病気である。 11/04 21:39

今回の研究の概要。(画像: 東北大学の発表資料より)

マラリアは、世界で年間約2億人の患者が発生し、死亡者は約43万人にのぼると報告されており、世界3大感染症の1つに指定されている。 11/02 11:32

統合失調症の発症メカニズム(写真:理研の発表資料より)

理化学研究所(理研)は10月28日、脳内で生み出される過剰な硫化水素が統合失調症に関連することを突き止めたと発表した。 11/01 18:47

今回の研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学、理化学研究所等の共同研究グループは血中遊離DNAに存在する突然変異を高精度に検出できる手法を開発したと発表した。 10/31 12:35

ヤリタナゴ。(画像:関西学院大学発表資料より)

ヤリタナゴはコイの仲間で、準絶滅危惧種に指定されている。 10/31 07:46

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告