中国の研究者ら、遺伝子操作技術でオス同士/メス同士のマウスの子供に成功

2018年10月16日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国の研究者らが遺伝子操作(ゲノム編集)技術を使ってオス同士/メス同士のマウスの子供を作ることに成功したと発表した(NHK読売新聞朝日新聞GIGAZINE)。

 オス同士のマウスの子供は、片方のマウスの精子から作ったES細胞(胚性幹細胞) から卵子に似せた細胞を作り、それと別のマウスの精子を合わせて代理母に移植することで作り出した。ただし、生まれた子供は48時間で死んでしまったという。メス同士のマウスの子供も同じ手法で作り出し、こちらは正常に発達して新たな子供を産む個体もあったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
別の個体の子宮の移植受けたサル、妊娠に成功 2018年05月15日
マウスで卵子を使わずに赤ちゃんを作る実験に成功 2016年09月16日
東大研究チーム、オス決定遺伝子「OTOKOGI」を発見 2006年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国ゲノム遺伝子

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース