1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 角野未智(8)

角野未智のニュース(ページ 8)一覧

地上で形成されたアミロイド線維(上)とISSの日本実験棟きぼうでの微小重力環境下で形成されたアミロイド線維(下)。 独特な構造をもつ。 (c) JAXA/NINS

自然科学研究機構(NINS)は15日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で、微小重力環境におけるアミロイド線維形成を調べた結果、地上とは異なる構造が形成されることを発見したと発表した。 06/18 11:54

新型コロナウイルス対策で休業となった店舗。オーストラリアで。(c) 123rf

日本では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う緊急事態宣言が4月初旬から発令され、多くの業種に休業要請が出されていた。 06/18 06:20

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染しても、無症状な人が存在する。 06/17 06:49

画像はイメージです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの開発が世界中で進められている。 06/15 10:50

観測された棒渦巻銀河(左)と観測を実施した野辺山宇宙電波観測所の45メートル電波望遠鏡(右) (c) 2MASS J-band, Jarrett et al. 2003(左上段の擬似カラー)、COMINGプロジェクト(左上段の等高線及び下段)、Dragan Salak(右)

国立天文台は11日、地球に近い渦巻銀河のガス運動を解析した結果、棒渦巻銀河の中心にある棒状構造のガスが、銀河全体とは異なる運動をしていることを捉えたと発表した。 06/14 07:57

集積可能な半導体素子量子もつれ光源の想像図(写真:京都大学の発表資料より)

計算機の大幅な高速化が期待される量子コンピューター。 06/11 17:05

火星や金星など岩石から構成される地球型惑星が、太陽系外惑星にも存在する可能性がある。 06/10 12:51

カーボンナノチューブの分子挙動を捉えた様子(写真:JSTの発表資料より)

物質中で運動する原子や分子。 06/09 14:08

火星衛星ダイモスの姿。公転軌道面が火星の赤道面からずれている。(c)NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

フォボスとダイモスという火星の2つの衛星は、1877年に発見された。 06/05 19:59

従来のタッチパネル(上)と研究グループが開発した材料を用いたタッチパネル(下)(写真:東北大学の発表資料より)

スマートフォンやタブレットに使用されるタッチパネル。 06/05 07:33

数値シミュレーションにより重元素を含むガス雲から超大質量星が形成 (c) Sunmyon Chon

2019年に渦巻銀河M77の中心に存在する巨大ブラックホールの撮影に成功したことは記憶に新しい。 06/04 07:08

若い星団であるWesterlund 2 (c) NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), A. Nota (ESA/STScI), and the Westerlund 2 Science Team

惑星の形成や星の進化過程を研究する上で重要なヒントを与える星団「Westerlund 2」。 06/01 07:20

研究の概要(写真:科学技術振興機構の発表資料より)

直接電気を発生できる燃料電池は、次世代の発電システムとして期待されている。 05/31 18:21

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてロックダウンを採用する国は多い。 05/29 08:14

前へ戻る   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ進む

広告

広告