1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 角野未智(4)

角野未智のニュース(ページ 4)一覧

開発されたレアアース分子が発光する仕組み(写真:北海道大学の発表資料より)

ディスプレイや照明器具等で活用される発光体。 01/15 16:59

キンメモドキの発光メカニズム(写真:科学技術振興機構(JST)の発表資料より)

ホタルやチョウチンアンコウなど、発光する生物は数多く存在する。 01/12 18:25

中性子星の合体により生成された元素が吸収線を生み出す様子を示した図 (c) 国立天文台、東京大学

東京大学は9日、宇宙空間上での重元素の生成史を明らかにする、赤外線スペクトル情報の収集に成功したと発表した。 01/11 08:08

「ダークエネルギー」と呼ばれる仮想上のエネルギーは現代宇宙論において欠かせない存在だ。 01/10 13:34

金星上にそびえる活火山と思われる存在を赤外線で撮像 (c) NASA

米大学宇宙研究協会(USRA)は3日、数年前に流れ出た溶岩と思われる存在を金星から発見したと発表した。 01/07 19:00

軽量の小型光探索システム。山岳遭難者の発見に有効(写真:近畿大学の発表資料より)

近畿大学は25日、上空からの山岳遭難者捜索を容易にするシステムを開発したと発表した。 12/29 21:54

「Lowest altitude by an Earth observation satellite in orbit」としてギネス世界記録に認定。(c) JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、超低高度衛星技術試験機「つばめ」がもっとも低い地球観測衛星の軌道高度に到達したとして、ギネス世界記録に認定されたことを発表した。 12/28 10:03

実験の概要(写真:京都大学の発表資料より)

ヒトと遺伝的に近接したチンパンジーは、ヒトの知性の進化を研究するうえでのヒントになっている。 12/27 21:08

ヒトを含む地球上の大半の生物は、呼吸により酸素を体内に取り入れることで代謝する。 12/25 07:19

120億年前にできたと考えられる「静かな」銀河 (c) 国立天文台

宇宙は、ビッグバンと呼ばれる大爆発が起きて約138億年経つ。 12/23 08:24

古い記憶を想起する際の脳活動のメカニズム(写真:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)は18日、大脳皮質と海馬とのあいだで生じる相互作用が記憶痕跡を活性化させることで、形成後長時間を経た記憶の想起が可能になっていることを発見したと発表した。 12/22 10:37

豪雪のメカニズム(写真:東北大学の発表資料より)

地球温暖化による気候変動が懸念されている。 12/20 15:07

3個の銀河から判明した分子カタログ(写真:国立天文台の発表資料より)

個体を識別可能な指紋をヒトがもつように、銀河もまた電波指紋認証によりタイプが判別可能だという。 12/18 17:06

切り紙から着想を得たコネクタ部(写真:JSTの発表資料より)

科学技術振興機構(JST)は12日、野球のピッチャーの投球時における手のひらの筋肉活動を、リアルタイムで計測することに世界で初めて成功したと発表した。 12/16 18:10

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告