1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 角野未智(9)

角野未智のニュース(ページ 9)一覧

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてロックダウンを採用する国は多い。 05/29 08:14

アルマ望遠鏡で観測されたDLA0817g。現在の銀河のように秩序だっている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), M. Neeleman; NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello

アルマ望遠鏡を運営する国立天文台は21日、初期の宇宙で大質量の回転円盤銀河を発見したと発表した。 05/27 08:36

今回の研究の概要(写真:新潟大学の発表資料より)

新潟大学は22日、人が服の魅力を評価する際、着用者の顔の魅力が影響することを発見したと発表した。 05/25 17:23

こうのとり9号機を搭載したH-IIBロケット9号機が打ち上げられる様子 (c)三菱重工/JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機を載せたH-IIBロケットの打ち上げに成功したと発表した。 05/23 09:15

木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。

木星にある70以上の衛星のうち、イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストはガリレオ衛星と呼ばれる大きな衛星だ。 05/21 18:30

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を標的としたワクチンや治療薬は今のところ存在しない。 05/20 18:51

ネコを用いた新型コロナウイルスの伝染実験(写真:東京大学の発表資料より)

遺伝子配列からコウモリ由来だと考えられている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)。 05/18 07:41

地球に水が誕生する3つの過程(写真:北海道大学の発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるはやぶさ2が、小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的のひとつとして、地球上の生物の起源を探ることがある。 05/15 17:35

超大質量ブラックホールと取り囲む電波天体の想像図 (c)  慶應義塾大学

天の川銀河の中心には「いて座A*」と呼ばれる電波天体が存在する。 05/13 16:42

アラスカ州の恐竜化石の産地。星がハドロサウルス科の産出地。(写真:北海道大学の発表資料より)

北海道むかわ町で2013年に発見された恐竜化石は、新種カムイサウルスであることが2019年に発表された。 05/11 07:34

新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまで、1~2年はかかると想定されている。 05/04 12:16

研究グループが構築したフィルター共振計。量子力学由来のゆらぎを制御し、高感度で重力波が検出できる。 (c) 国立天文台

光速で伝わる時空のさざ波である重力波。 05/03 08:31

金星大気の高速回転が維持されるメカニズム (c) Planet-C project team

地球と同じく岩石から構成される金星。地球と異なり、金星では「スーパーローテーション」と呼ばれる高速で大気が回転する現象が維持されている。 05/01 11:41

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)用の治療薬やワクチン開発に、世界中の研究機関が取り組んでいるが、実用化されるまでには時間がかかると予想される。 04/30 18:27

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告