1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 軍事・防衛(5)

軍事・防衛のニュース(ページ 5)一覧

rss

The Diplomatによると、2018年の環太平洋合同軍事演習(リムパック)に陸上自衛隊が参加し、アメリカ海軍と「実艦標的の撃沈演習」を実施する計画があるそうだ。 06/08 18:52

稲田朋美防衛大臣は2日の記者会見で、北朝鮮が5月29日に発射した弾道ミサイルについて「スカッドミサイルを改良した新型弾道ミサイルであった可能性がある」との認識を示した。 06/04 20:18

北朝鮮が29日午前5時40分に北朝鮮東岸の元山(ウォンサン)付近から東方向に発射した弾道ミサイルは、韓国・聯合ニュースが米太平洋軍司令部の判断として「短距離弾道ミサイルと判断した」と伝えた。 05/29 18:59

菅義偉官房長官は29日記者会見し「北朝鮮が同日午前5時40分ころ、北朝鮮東岸の元山(ウォンサン)付近から東方向に弾道ミサイル1発を発射した。 05/29 18:58

安倍晋三総理は27日の内外記者会見で、北朝鮮に対する対処能力の増強などについて記者団の質問に答え「BMD(弾道ミサイル防衛)については現在6隻保有するイージス艦のうち4隻がBMD能力を有しているが、さらに2隻にBMD能力を付与する改修を進めるとともに2隻の新規建造を進めており、8隻体制の実現を急いでいる。 05/29 08:32

北朝鮮が21日午後4時59分頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射、日本海に落下したもよう。 05/22 07:42

韓国・聯合ニュースは14日、北朝鮮が同日午前5時27分ごろ、北朝鮮北西部、平安北道・亀城(クソン)付近から弾道ミサイル1発を発射したことに触れ「韓国軍合同参謀本部によるとミサイルの飛行距離は700キロを超えると推定される」としたうえで「飛行距離が長いことからミサイル発射実験は成功した可能性が高いとみられる。 05/15 08:12

北朝鮮が14日午前、再び、弾道ミサイルを発射した。 05/15 08:11

安倍晋三総理は8日の衆院予算委員会で『米艦防護』について、民進党の長妻昭議員から「政府の公式発表が一切なく、ほとんどのマスコミが『政府関係者が明らかにした』として同じ情報が流れるやり方はおかしいし、前例にすべきではない」と指摘されたが「米軍警護をするのは米軍が自ら警護するのには不十分な状況であり、脆弱な状況に置かれている場合であるからこそ実施するわけであり、逐一の実施を公にすることは米軍等の能力を明らかにし、活動に影響を及ぼすおそれがある。 05/09 19:08

稲田朋美防衛大臣は8日、アルン・ジャイトリー財務大臣兼国防大臣兼企業大臣と防衛省で会談。 05/09 19:06

安倍晋三総理は8日の衆院予算委員会で北朝鮮の弾道ミサイル、特に核弾頭を搭載した弾道ミサイル開発について「北朝鮮が核兵器の小型化、弾道化の実現に至っている可能性も考えられる」とし、日本を射程におさめる核ミサイルを開発済みの危険性に言及した。 05/09 11:49

菅義偉官房長官は北朝鮮が29日午前5時半ころ、北朝鮮内陸部の北倉(プクチャン)付近から弾道ミサイルを発射した事案について、2回目の記者会見を行い「弾道ミサイルは北東方向に発射した模様で、発射された弾道ミサイルは約50キロメートル離れた北朝鮮内陸部に落下したと推定される」と語った。 04/30 17:29

菅義偉官房長官は29日朝、記者会見し「午前5時30分頃、北朝鮮内陸部より、1発の弾道ミサイルが発射され、北朝鮮内陸部に落下した模様」と発表した。 04/29 17:04

稲田朋美防衛大臣は28日の記者会見で米太平洋軍のハリス司令官が26日の米議会公聴会で「空母・カール・ヴィンソンは北朝鮮への攻撃射程圏内にある」と証言したが、自衛隊と共同訓練も実施している中で、どのように受け止めるか、との問いに「空母打撃群と共に海上自衛隊の艦艇と航空自衛隊の航空機がそれぞれ同時に米空母打撃群と訓練を実施することは日米同盟全体の抑止力・対処力を一層強化し、地域の安定化に向けたわが国の意思、高い能力を示すもの」と語った。 04/29 10:14

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告