北ミサイル発射受け「2+2」開催へ調整急ぐ

2017年3月8日 13:52

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は記者会見で、北朝鮮が6日に弾道ミサイル4発を発射したことを受けての安倍晋三総理と米国・トランプ大統領との電話会談で確認された「日米の外務・防衛」大臣による「2+2」会談開催について、「開催は早ければ早い方が良い」とし、「調整を急ぐ」と語った。

 稲田防衛大臣は「国会もあり、向こうのご都合もあるので、それを調整して、できるだけ早く開催できるよう調整を続けていきたい」と急ぐ考えを示した。

 稲田防衛大臣は、6日行ったマティス国防長官との電話会談について「私から北朝鮮による度重なる挑発行為は断じて容認できず、日米両国間の緊密な連携が必要である旨述べた」とした。

 また「マティス長官からも同様の立場が示され、拡大抑止を含め、日本を防衛するゆるぎないコミットメントが改めて示された」としたうえで「同盟調整メカニズムも活用して日米間での情報共有を進めるとともに、今後の対応について緊密に連携していくこと、同盟の抑止力・対処力を一層強化していくことを確認した。さらに、日米韓三ヶ国での緊密な協力を進めることを確認した」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
在日米軍狙った訓練「新段階の脅威」と稲田防相
北ミサイルで韓国外相の最初の会談は岸田外相
韓米の合同軍事演習に対抗か、北のミサイル発射
「THAADも選択肢のひとつ」稲田防衛大臣
海上警備行動発令で海保を防相指揮下へ法改正?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三アメリカ北朝鮮弾道ミサイル稲田朋美国会

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース