北が弾道ミサイル1発を発射、今年に入り8回目

2017年5月22日 07:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 北朝鮮が21日午後4時59分頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射、日本海に落下したもよう。菅義偉官房長官は同日、記者会見し、発表した。

 落下地点は我が国の排他的経済水域外とみている。菅官房長官は「弾道ミサイル発射は航空機や船舶の安全確保の観点から、極めて問題のある行為だ」と非難。菅官房長官は「安保理決議などへの明白な違反だ」とし「度重なる北朝鮮の挑発行為は断じて容認できない。北朝鮮に厳重に抗議し、強く非難した」と語った。

 稲田朋美防衛大臣は「一層の緊張感をもって引き続き、情報収集・警戒監視に万全を期せ」と指示を出した

 韓国・聯合ニュースは韓国軍合同参謀本部の情報として「弾道ミサイルの飛距離は約500キロメートル」と報じた。ミサイル発射は今年に入って8回目となる。

 また、聯合ニュースは韓国軍は弾道ミサイルの種類について分析中だが「韓国軍は大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではないと推定した」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北のミサイル発射時「日本と情報共有」文報道官
北ミサイル発射情報共有で日米韓秘匿テレビ会議
改憲 国民議論の熟成待ちながらするべき話
日韓の防衛相が北朝鮮対策で電話会談 認識共有
日韓防衛相電話会談・北の事態の深刻さ裏付ける

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮弾道ミサイル稲田朋美菅義偉官房長官排他的経済水域

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース