自民党、独自に敵基地反撃能力の保有をと提言へ

2017年3月31日 11:57

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 自民党の安全保障調査会・弾道ミサイル防衛に関する検討チームは29日、「弾道ミサイル防衛の迅速かつ抜本的な強化に関する提言」をまとめた。「日本独自の敵基地反撃能力の保有」や「THAAD(終末段階高高度地域防衛)などの導入の可否について成案を得るべく直ちに検討」するよう、求めている。

 日本独自の敵基地反撃能力の保有では「ほかに手段がない場合に、発射基地を叩くことは、従来から憲法が認める自衛の範囲に含まれる」としている。また「敵基地の位置情報の把握、それを守るレーダーサイトの無力化、精密誘導ミサイルなどによる攻撃といった必要な装備体系について、現在、保有せず、計画もないとの立場だが、政府において『直ちに検討を開始すべき』と提言した。

 チームメンバーの佐藤正久参院議員は「イージスアショアやTHAAD等の新しい迎撃システムの導入の検討や現在計画中のイージス艦やPAC3の能力向上を前倒しして行うと共に、抑止力を高めるために、自衛権の範囲内で、巡航ミサイルなどの敵基地反撃能力を保有することが不可欠だとしている」と紹介したうえで「政策審議会の合意を得た後、政府に提言を提出する」とブログで紹介した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
朴大統領罷免はアジア・太平洋の安全に影響多大
韓国・朴槿恵大統領弾劾是非 きょう10日
「THAADも選択肢のひとつ」稲田防衛大臣
海上警備行動発令で海保を防相指揮下へ法改正?
独島は天然記念物指定で造形物設置不可能と報道

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード弾道ミサイル安全保障佐藤正久自民党憲法THAAD(高高度防衛ミサイル)

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース