在日米軍狙った訓練「新段階の脅威」と稲田防相

2017年3月8日 08:40

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、北朝鮮が6日朝、弾道ミサイル4発を発射した意図について「在日米軍基地の打撃任務を遂行する北朝鮮の部隊が弾道ロケット(ミサイル)」発射訓練を行ったと報じた」。これについて、稲田朋美防衛大臣は7日の記者会見で、「報道について承知しているが、断定的なことは申し上げる立場にはない」とした。

 さらに記者団が在日米軍を狙った訓練であるという報道は国営放送などで、事実上、北朝鮮の公式発表と見ていいのだが、訓練目的を流したのは初めてと思う。大臣の受け止めは、との問いには「新たな段階の脅威に入っているということが明確になったというふうに思う」と答えた。

 また、稲田大臣は「北朝鮮は米韓連合演習に反発してきており、米韓連合演習への反発であった可能性も考えられる」とした。

 そのうえで稲田大臣は「昨年は同演習期間中に弾道ミサイル7発を発射していることから、今後、さらなる挑発行為に出る可能性も否定できないというふうに考えている」とも語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北ミサイルで韓国外相の最初の会談は岸田外相
韓米の合同軍事演習に対抗か、北のミサイル発射
「THAADも選択肢のひとつ」稲田防衛大臣
日米両首脳とも危機管理に脇甘すぎと野田前総理
北ミサイル発射に日米韓で国際社会主導を提起

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮弾道ミサイル稲田朋美米軍ロケット