南スーダン「PKO5原則維持している」防衛相

2017年3月29日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は28日の記者会見で南スーダンでのPKO活動について「PKO5原則については維持されている状況だ」と述べた。

 稲田防衛大臣は記者団から南スーダンで援助関係者への襲撃が相次いでおり、25日にはジュバから地方へ向かう途中の援助関係者6人が殺害される事件があったが、防衛省の把握と受け止めは、と聞かれ「南スーダンは非常に治安が厳しく、さらには部族間の対立であったり、武装集団の襲撃であったりとか、そういったものは続いている」との認識を示した。

 そのうえで「日本政府としても懸念しているところであり、南スーダン政府が国際社会と協力しながら、自国の人権状況の改善に向けた取り組みを強化していくことを引き続き求めていく。また南スーダンの情勢、派遣施設隊の活動報告を毎日受けているので、安全状況をしっかり把握し、無事に撤収作業が終わり、家族の元に帰国されるまで緊張感をもって進めて行きたい」と語った。

 また、これまでに駆けつけ警護や共同宿営地の防護といった任務が行われたことはないのか、との問いには「はい」と答え、行われていないとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
国会として全容解明に全力を挙げる 又市幹事長
森友、テロ等準備罪、防衛相の資質の3点追及へ
南スーダンPKO 撤収命令発出で準備本格化
南スーダンPKO施設部隊撤収に唐突感と佐藤氏
国益のためにも稲田大臣は辞任しかないと山井氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省PKO稲田朋美南スーダン駆けつけ警護

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース