米原子力空母、海自が東シナ海で共同訓練展開

2017年3月11日 10:07

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 海上自衛隊の複数の護衛艦と米軍の原子力空母「カール・ビンソン」、駆逐艦、補給艦など空母打撃群が7日から東シナ海で共同訓練を行っているとする報道の事実関係について、稲田朋美防衛大臣は10日の記者会見で回答を避けた。

 稲田防衛大臣は「報道については承知しているが、指摘の訓練について、その実施の有無を含めて答えは差し控えたい」と、訓練事実を否定しなかった。

 訓練の狙いについては「弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮へのけん制や海洋進出を強めている中国へのけん制がある」との見方がある。ロイターなどが政府関係者の話として伝えた。

 海上幕僚監部は「日米共同巡行訓練実施」を10日に発表した。すでに7日から東シナ海訓練海域で、空母「カール・ビンソン」や艦艇数隻が参加する米海軍と海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」や「さだなみ」が参加しての訓練を実施しているとしており、共同訓練は10日までの4日間だったとしており、報道の事実を裏付ける内容になっていた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
海上警備行動発令で海保を防相指揮下へ法改正?
日米防衛相会談 約90分近い会談で認識共有
3四半期の緊急発進883回、前年同期比で急増
中国軍用機への妨害弾発射事実ない 防衛省
尖閣に自衛隊配属「考えていない」稲田防衛大臣

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊中国北朝鮮弾道ミサイル稲田朋美米軍東シナ海海上自衛隊

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース