5日まで対潜水艦戦で日米韓3か国初の合同訓練

2017年4月4日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日米韓3か国は北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威に対する初の対潜水艦戦合同訓練を3日から5日まで、九州西方海域で初めて実施する。海上幕僚監部が3日発表した。

 米海軍、韓国海軍と共同で対潜戦訓練を実施し、海上自衛隊の戦術技量、日米韓3か国の連携強化を図る狙いで、日本からは護衛艦「さわぎり」とP-3Cが1機、米韓からは艦艇数隻、航空機数機が参加する。

 聯合ニュースは韓国国防部の話として「今回の訓練はSLBMの能力開発など北の潜水艦の脅威に対し、韓米日が効果的な対応を保障できるよう、3カ国の潜水艦探索、識別、追跡能力を向上させるために計画された」と説明した、と報じた。

 また「国防部は対潜水艦戦訓練について、昨年12月に韓米日の防衛実務者協議(DTT)で議論されてから初めて実施される」と伝えた上で、「北の核・ミサイルの挑発の脅威に対する3カ国の強力な対抗意思を表すもの」と強調した、としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
朝鮮労働党創設記念に「挑発は否定できない」
今夏の合同訓練内容に安保法制反映はない 防相
北朝鮮が弾道ミサイル発射 米韓合同訓練けん制
空母ロナルド・レーガン 10月2日横須賀配備
テロ対策で警察の国会包囲は抗議拒否に見える?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ韓国北朝鮮弾道ミサイル海上自衛隊

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース