対北朝鮮で日米韓防衛実務者協議、19日に開催

2017年4月19日 11:15

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日米韓3か国の防衛当局による「日米韓防衛実務者協議」(DTT)が19日、防衛省で開かれる。前回協議は昨年12月だった。

 防衛省によると「日本側から前田哲防衛政策局長、米側からアジア・太平洋安全保障担当のヘルビー国防省国防次官補代行、韓国側からの魏昇鎬(ウィ・スンホ)国防部国防政策室長が代表者として出席予定という。

 緊迫する朝鮮半島情勢、北朝鮮の核・ミサイル問題対策についての協議が軸になる。日米韓は今月3日に九州西方沖で対潜水艦戦の合同訓練を初めて実施。連携強化を図っている。一方、北朝鮮は核実験や大陸間弾道ミサイル発射実験を行う可能性が続いている。

 聯合ニュースは「米原子力空母カール・ビンソンが25日ごろ朝鮮半島東の海域に入る見通しであることが17日、韓国政府筋の話で分かった」としている。そのうえで「米国はカール・ビンソンを中心とする空母打撃群が参加する合同訓練の実施を韓国政府と協議している」と伝えている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
危機感あおる発言と裏腹に桜を見る会、土日私邸
韓軍 対北でM-SAMシステムを来年にも配備
あらゆる事態に対応できる体制構築は政府の責任
安倍総理 熊本の陸自健軍駐屯地で訓示
在日米軍基地も攻撃可能な範囲内と威嚇伝える

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省アメリカ韓国北朝鮮弾道ミサイル安全保障核実験防衛実務者協議

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース