1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 軍事・防衛(9)

軍事・防衛のニュース(ページ 9)一覧

rss

安倍晋三総理は21日開いた海上保安体制強化に関する関係閣僚会議で尖閣諸島をめぐる状況を踏まえ、海上保安庁予算を大幅に増額し、人的増員を含め体制強化を図る考えを強調した。 12/22 11:46

自民党は与党としての平成29年度予算編成大綱の特長を党HPに10日までに掲載し、アピールを始めた。 12/11 14:03

稲田朋美防衛大臣は6日記者会見し、南スーダンPKO活動にあたる派遣員に対し、国際平和協力手当の充実を図ることとしたと発表した。 12/07 11:49

防衛省は航空保安無線施設などの点検飛行機にテキストロン・アビエーション社製サイテーション680A購入を決めた。 12/02 16:47

北朝鮮による核・弾道ミサイル実験が繰り返される中、日韓両国政府が軍事機密情報を共有する必要性を認識し、実務者レベルで協議してきた「日韓軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)が23日、ソウルで締結された。 11/24 11:41

稲田朋美防衛大臣は22日の記者会見で、米国が開発したTHAAD(戦域高高度防衛ミサイル)」の配備も視野に、12月にグアムへ視察に行くとの報道について「グアムを訪問する何か具体的な計画が現時点で決まっているということではない」としながらも「将来の弾道ミサイル体制の調査研究を行っている」と否定はしなかった。 11/23 09:49

岸田文雄外務大臣は15日の記者会見でGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の締結に向けて仮署名が14日に行われたことについて「実質合意に至り、仮署名を行った。 11/16 08:52

稲田朋美防衛大臣は13日までの記者会見で、日米同盟について「日米同盟は、わが国の安全保障の基軸でもあり、わが国に駐留する米軍のプレゼンスというのは、わが国の防衛のみならず、アジア太平洋地域の平和と安定、そして、力ではなくて法の支配を貫徹するという意味においても重要と思う」と基本的スタンスを改めて強調した。 11/14 11:33

北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射実験を背景に、急速に日韓での軍事情報共有の必要性が両国政府で必要との認識を高まる中、聯合ニュースは12日、韓国政府関係者からの情報として「韓国と日本が14日、東京で軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結に向けた3回目の実務協議を行い、協定文に仮署名することが分かった」と報じた。 11/13 10:28

海上自衛隊と米国海軍、韓国海軍による「ミサイル警報訓練」が9日から韓国と日本の周辺海域で始まった。 11/10 08:23

外務省は日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)の締結に向けた実務者レベルの協議が9日、韓国・ソウルで開かれ「協定の案文について綿密な検討を行い、主要な内容について意見の一致をみた」と協議結果を発表した。 11/10 08:22

防衛省は8日、韓国(ソウル)で日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)締結に向けた日韓間の協議を9日に開催する予定と発表した。 11/09 09:27

稲田朋美防衛大臣は8日の記者会見で安保法制に基づく「駆けつけ警護」などの任務について「防衛省として、UNMISS派遣部隊の練度について、新たな任務に十分対応可能なレベルに達していると確認をすることができた」と、南スーダンPKO活動にあたる第11次隊の要員が新任務を担えるだけのレベルに達しているとの認識を示した。 11/09 09:27

稲田朋美防衛大臣は2日午後の臨時記者会見でも南スーダンPKO活動に11月20日に派遣する部隊に『駆けつけ警護』任務を付与するかどうかについて、まず、派遣条件のPKO5原則については「あくまで南スーダンのPKOに関して日本がPKO5原則を維持しているというのは先日話した」としたうえで「総合的に政府全体で判断をしていくことになる」と慎重に判断していく姿勢を示した。 11/06 23:49

前へ戻る   4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告