防衛装備・技術協力促進を確認 日印の防衛大臣

2017年5月9日 19:06

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は8日、アルン・ジャイトリー財務大臣兼国防大臣兼企業大臣と防衛省で会談。防衛装備・技術協力を促進させることなどを確認した。

 防衛省は、この会談でジャイトリー大臣から「今回の訪問受け入れに対する謝意が表明され、昨年11月の安倍総理とモディ首相による日印首脳会談も踏まえ、インド太平洋地域の2大民主主義国家として、地域の平和及び安定に共に貢献していくため、特別な戦略的パートナーシップに基づき防衛協力を進めていくことが重要である旨発言があった」と発表した。

 稲田大臣は「ジャイトリー大臣の防衛省来訪を歓迎するとともに、日印は価値観と戦略的利益を共有する特別な戦略的グローバルパートナーとして、防衛当局間でも、幅広い分野の協力・交流が実施されていることを歓迎する旨述べた」としている。

 防衛省によると「日米印3か国海上共同訓練マラバール2017をはじめとする共同訓練や各種部隊間交流について今後も積極的に推進していくとともに、防衛装備・技術協力について、両国間の議論を進展させる方針を確認した」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
国政から目を離してはならない
在韓米軍のTHAAD初期能力発揮できる状態に
日米韓3か国代表が北朝鮮問題で秘匿テレビ会議
在韓米軍のTHAAD設置費用は米側が負担
自衛隊が米艦等必要に応じ守ること可能になった

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省稲田朋美インド

関連記事