南スーダンPKO撤収、民進・蓮舫代表「評価する」

2017年3月12日 18:19

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の蓮舫代表は政府が南スーダンPKO施設部隊を、5月末を目途に撤収する決定をしたことに「政府の撤収の判断は評価する」としたうえで「率直に言って遅きに失したと言わざるを得ない。総理は撤収理由に施設整備に一定の区切りがつくことなどを挙げたが、誠実な説明とは思えない」と南スーダンの治安も背景にあることをあげなかったことについて、誠実な説明でないとした談話を発表した。

 蓮舫代表は「かねてから南スーダンPKOへの自衛隊派遣について(1)派遣決定当初とはマンデートが変更され、本来想定されている任務では対応が困難(2)現地の厳しい治安情勢が更に流動化していると考えられる(3)シビリアンコントロールが十分機能していない状態での任務継続は重大なリスクがあることから、政治の責任として自衛隊員の生命を守るために撤収すべきと政府に求めてきた」としている。

 また「稲田朋美防衛大臣は現地部隊が強い危機感を持って日々送っていた報告を重要視せず、悪化する現地情勢に対応しようとしなかった」とし「この責任は重大と言わざるを得ない。11月には駆けつけ警護等の新任務の付与まで行っている。これは一体何のためだったのか、適切な判断だったのか、説明責任が問われなければならない」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
南スーダンPKO「5月末目途に終了する」政府
日報問題「自身が聴取している」稲田防衛大臣
PKO活動の安全等「しっかり見ていく」防衛相
米国の入国拒否「日本は言う立場にない」石破氏
PKO隊員日報「活動成果定まるまで保存」防相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPKO自衛隊稲田朋美民進党南スーダン蓮舫駆けつけ警護

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース