北朝鮮、日本射程内の核弾頭ミサイルを開発済みの可能性 首相が言及

2017年5月9日 11:49

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は8日の衆院予算委員会で北朝鮮の弾道ミサイル、特に核弾頭を搭載した弾道ミサイル開発について「北朝鮮が核兵器の小型化、弾道化の実現に至っている可能性も考えられる」とし、日本を射程におさめる核ミサイルを開発済みの危険性に言及した。

 安倍総理は、日本が射程に入る弾道ミサイルに「スカッドER」(1000キロメートル)と「ノドン」(1300キロメートルから2000キロメートル)があるとしたうえで「ノドンはわが国のほぼ全域が射程内に入る可能性がある」とした。

 そして北朝鮮の弾道ミサイルへの核兵器搭載についても、過去5回の核実験を通じた技術的成熟度を踏まえると「北朝鮮が核兵器の小型化、弾道化の実現に至っている可能性も考えられる」と述べた。

 民進党の長妻昭議員の質問に答えた。長妻議員は「北朝鮮に6回目の核実験をさせない。ミサイル発射を阻止しなければならない」とし「北朝鮮は日本に届く核弾頭を付けたミサイルを開発し、保有しているのか」と日本政府の分析状況を質した。また、「核ミサイルを開発済みとすれば、米朝の話し合いで『現状凍結』されると日本は困る。米朝が話し合うときには、日本が強力にコミットすることが何より重要」と政府に対応を求めた。

 安倍総理は「現状凍結に至らないよう、日米がしっかり協力しながら、北朝鮮の現在の政策を変えさせていくことが大切だ」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
憲法全条項守り生かす政治実現 小池書記局長談話
在韓米軍のTHAAD初期能力発揮できる状態に
日米韓3か国代表が北朝鮮問題で秘匿テレビ会議
米CIA長官が極秘に訪韓 対北で情報共有?
「厳しい質疑になるだろう」山本参院予算委員長

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三北朝鮮弾道ミサイル民進党ノドン核兵器核実験長妻昭

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース