1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 雇用・就職・労働
  5.  > 給与(1)

給与のニュース一覧

JACリクルートメントがアジア9カ国の給与水準調査を実施。IT系職種を中心に年収が大きく上昇。日系でも社内SEが上昇するも20%にとどまった。欧米系企業との格差は開いたまま。

日本は現在、深刻な人手不足の状況にあり、こうした状況を背景に名目賃金は確実に上昇傾向で推移している。 01/22 09:48

NTTの人材が海外大手IT企業に引き抜かれるケースが多いそうで、これに対しNTTが危機感を持っているという話が報じられていたが、NTTデータは対策として「トップ級の技術者」の待遇を大きく変えるという。 12/07 22:45

2018年度税制改正によって、個人所得課税の見直しが行われた。

2018年度税制改正によって、個人所得課税の見直しが行われた。 10/23 08:56

帝国データバンクは15日、企業に対して実施した最低賃金改定の意識調査結果を発表。 10/16 11:12

米Amazon.comが米国および英国において従業員の最低賃金を時給15ドルに引き上げた。 10/10 10:09

エン・ジャパンが「女性の活躍」をテーマにアンケートを実施。管理職への志望意欲「ある」は25%。志望する理由は「給与アップ」「仕事の幅の拡大」等。女性活躍のために産休・育休制度等の充実を。

政府は女性活躍推進を政策として掲げ、働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が個性と能力を十分に発揮できる社会の実現を目指すとしている。 09/12 11:25

東京都などは国家戦略特区の会議でデジタルマネーでの給与の支払いを行うための規制緩和を要望した。今後は企業も省庁も給与の支払いに関してより柔軟な対応が求められていくのかもしれない。

給与は現金で支払われる。 08/27 09:27

転職後賃金が上がった労働者は36.2パーセントとなり、同条件で行われた調査の中では04年に次ぐ二番目の高水準となった。

厚生労働省が発表した2017年の雇用動向調査によると、転職後賃金が上がった労働者は36.2パーセントとなり、同条件で行われた調査の中では04年に次ぐ二番目の高水準となった。 08/23 14:02

ギャラップによる最新の世論調査によると、米国では「若者の資本主義離れ」が進んでいるそうだ。 08/18 15:50

マイボイスコムが「就業意識」に関する調査を実施。「現在の仕事に満足している」者は59.5%。「経営者・役員」「有資格者」「公務員」で各7割強。満足な点は「通勤時間、勤務地」が40.1%で最多。

情報通信技術の進化普及によって産業構造が急変するなど不確実性が増大している。 08/14 11:05

野田聖子総務大臣は7日の記者会見で、情報公開請求者を漏らした責任を取るとして「昨年8月の大臣就任時にさかのぼり、この7月までの12カ月分の閣僚給与全額を返納する」と発表した。 08/08 15:18

最近では教員の長時間労働が問題になりつつあるが、文部科学省は教員の残業について「自発的なもの」との立場であり、残業代の支払いや監督責任はないとしているようだ(Yahoo!ニュース 個人の記事)。 08/05 22:57

東京商工リサーチは30日、国内の銀行91行における2018年3月期の平均年間給与調査の結果を発表。 07/31 06:55

小笠原 隆夫

帝国データバンクによれば、2018年上半期の「人手不足倒産」の件数が、2013年1月の調査開始以降、半期ベースでは過去最多となっているそうです。 07/19 10:55

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告