1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 雇用・就職・労働
  5.  > 給与(1)

給与のニュース一覧

小笠原 隆夫

帝国データバンクによれば、2018年上半期の「人手不足倒産」の件数が、2013年1月の調査開始以降、半期ベースでは過去最多となっているそうです。 07/19 10:55

リスクモンスターは、インターネットを利用し全国規模で20~49歳の既婚者女性個人600人を対象に行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表した。

リスクモンスターは、インターネットを利用し全国規模で20~49歳の既婚者女性個人600人を対象に行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表した。 07/15 18:42

上場企業の時給ランキング2018。(ヴォーカーズ発表資料より)

14日、ヴォーカーズは「上場企業の時給ランキング2018」を発表した。 06/15 07:51

人材コンサルタント業のC4が建設現場の実情についてアンケート調査を実施。建設業の週休2日制については困難」が69%。理由は「工期が間に合わない」33%、「給与が減る」26%。「週休2日にすべき」は52%

日本の労働市場は全般的に人手不足が深刻な状態にある。 06/13 13:20

少子高齢化で労働者人工は減少しているが、そんな労働力の確保として高年齢者の雇用を行う企業も多い。だが、給与などの待遇を変えない企業は決して多くはない。

少子高齢化が進み、どの企業でも人材の確保に躍起になっている反面、定年を迎えた人をその後も継続して雇用するかどうかの判断についても慎重な対応が求められている。 06/13 12:41

厚労省は23日、3月分の毎月勤労統計調査の結果を公表。あわせて2017年度分の結果も公表。実質賃金は全体で0.3%の減少、パートで0.3%増加。残業は全体で0.4%増加、パートで4.9%の減少。

厚生労働省は23日、3月分の毎月勤労統計調査(確報)の結果を公表した。 05/28 09:53

4年連続で家計の消費現象が続いている。その反面、世帯全体の収入の金額は増加傾向にあることから、増えた収入の分は消費ではなく貯蓄に回している世帯が多いことがわかる。

総務省は、2017年の家計調査について4年連続で減少したと発表した。 03/07 11:15

帝国データバンクは17日、18年度の賃金動向に関する企業の意識調査結果を発表した。 02/19 08:15

全日本トラック協会の発表によると、トラック運送業界における景気動向が改善しているものの、人手不足などにより今後の見通しは厳しいことが分かった。 02/14 06:48

(c) 123rf

Newspicksに転載された財経新聞の上記記事に対するコメントからの引用。 02/04 22:01

(c) 123rf

若者よ、仕事のことは人生の先輩に聞くべし。 12/28 11:40

リクルートワークス研究所の調査によると、来年度以降も新規卒業者の採用に意欲的な企業が多いことが分かった。 12/21 01:07

GMOグループが社員に対し給与の一部をビットコインで受け取れるようにするそうだ。 12/18 00:15

自民、公明両党の税制調査会は11日、給与所得控除の見直しで増税となる会社員の年収を850万円超で最終合意した。 12/13 06:32

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告