1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 雇用・就職・労働(1)

雇用・就職・労働のニュース一覧

rss
就業するための技能や経験の少ない求職者はトライアル雇用によって就業先が自分にとって適切かを判断することができる。企業側は助成金を受けることができるため、うまく活用することができればお互いにメリットの多い制度として機能するのではないだろうか。

職業経験が少ない、または職業に就く技能が不足している求職者に対し、職業安定所はトライアル雇用の検討を紹介することができる。 02/15 08:16

エン・ジャパンが「人材不足の状況」について調査。「人材不足がある」と回答した企業が9割、前年より増加

深刻な人手不足の状況が続いている。 02/14 09:49

パーソル総合研究所の発表によると、正社員の約1割が何らかの副業をしており、収入とともに本業に良い影響がある一方、過重労働などの良くない影響も一部で生じていることが分かった。 02/13 14:03

現在のアルバイト人材の過不足感について(マイナビ発表資料より引用)

マイナビは12日、「アルバイト採用活動に関する調査」を発表した。 02/13 11:53

日本能率協会が管理者のマネジメントの実態に関する調査を実施。働き方改革で仕事量が増えていると答えた管理者は61%。そう感じる部下は32%。上司と部下で認識のギャップが鮮明に。

多くの企業が働き方改革に取り組んでいる。 02/13 09:35

JTBはインセンティブに関して調査を行った。企業側、従業員側双方にそれぞれ課題と感じる部分が多いと判明。

社会人が仕事を行う理由の一つは金銭の獲得である。 02/12 11:09

厚労省が8日発表した2018年毎月勤労統計(速報)で、従業員5人以上の事業所に勤める労働者の30.88%がパート労働者になったことがわかった。 02/10 17:26

エン・ジャパンが「ワークライフバランス」について意識調査。満足度は27%、前年比9ポイント上昇。満足度が高いのは「契約社員」、最下位は「フリーランス」。バランス考慮するとの回答91%。

多くの企業が働き方改革に取り組んでいる。 02/07 09:07

リクルートマネジメントソリューションズが「転職意向と実態調査」を実施。転職の動機は「会社の将来に不安を感じた」が41%で最多。成長ステージ企業に転職した者の満足度は他に比べて高い傾向。

現在、世界的に大きな産業構造の変化が起きている。 02/05 09:30

「直近3年間の中途採用に関する満足度は」(画像: マイナビ発表資料より)

マイナビ株式会社は31日、2,665社に調査を行った「中途採用業務の実績調査」を発表した。 02/02 20:04

ソフトブレーン・フィールドが「配偶者控除150万円」に関し実態調査。制度の認知度は61%。「年収103万円以内で調整」が51%で最多。「150万円以内」は1.7%のみ。社保制度の改革無ければ効果無し。

昨年1月から配偶者控除の年収要件が103万円から150万円まで拡大された。 01/31 09:33

日本経済団体連合会が会員企業や東京経営者協会の主要企業の人事労務トップマネジメント(担当役員ら)を対象にした調査で、回答した485社のうち、21.9%の企業が「副業・兼業を認めている」ことが分かった。 01/25 09:27

JACリクルートメントがアジア9カ国の給与水準調査を実施。IT系職種を中心に年収が大きく上昇。日系でも社内SEが上昇するも20%にとどまった。欧米系企業との格差は開いたまま。

日本は現在、深刻な人手不足の状況にあり、こうした状況を背景に名目賃金は確実に上昇傾向で推移している。 01/22 09:48

博士号を取得した人が日本国内で就職するのは難しく、多くの人材が海外に流出しているのが実情だ。企業がより一層博士号取得者の価値を認識すべきなのではないだろうか。

近年の人材不足の深刻さを考えれば、博士号を取得している人はどこでもきっと引く手あまただろうと考えがちだ。 01/18 10:21

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告