1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 雇用・就職・労働
  5.  > 給与(5)

給与のニュース(ページ 5)一覧

労働環境が悪く、配達員に負担がかかっていることが世間に認知されたことで、消費者側でも再配達を失くすよう務める、あるいは配達員にねぎらいの声かけをするようになるなど意識の変化があるようだ。

宅配業界においては慢性的な人手不足とアマゾンといった通販事業の需要が増加しているなかで、再配達による長時間労働など課題も山積しているのは報道のとおりだ。 09/12 07:26

「給料前払い」を行うという「Payme」なるサービスが登場した。 09/05 21:42

小笠原 隆夫

食品大手の「味の素」の社長に、人材戦略を聞いたインタビューの記事があり、その中でグローバル人材、経営人材の育成に関する話と合わせて、経営トップに対する「360度評価」の話がされていました。 09/05 16:19

2011年から続く建設業界の人材不足。特に若者の建設業界離れは深刻だ。建設業で人材不足が続けばオリンピック・パラリンピックや災害対応にも悪影響を及ぼしかねないため、人材の確保が急務だ。

2011年ころまでの雇用状況は、長引く不景気から企業側が有利な環境だった。 09/05 11:32

ディップは、運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」において、「はたらこねっとユーザーアンケート  同一労働同一賃金について」を実施した

ディップは、運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」において、「はたらこねっとユーザーアンケート  同一労働同一賃金について」を実施した。 08/30 08:19

小笠原 隆夫

大和総研の試算では、残業時間の上限が月平均で60時間に規制されると残業代は最大で年8兆5000億円減少し、国民の所得が大きく減る可能性があるとの記事がありました。 08/28 11:33

大和総研の試算によると、「働き方改革」で所定外給与が最大8.5兆円減少する可能性があるという(大和総研の「日本経済見通し:2017年8月」、時事通信)。 08/22 21:37

副業などの働き方に関しては経営陣の理解を得にくく、その原因としては社員と経営者とのギャップがあるようだ。業績を優先することは経営陣にとって必要な考え方だが、一方で社員の働き方を考えて改革を行うことは優秀な人材を確保して業績アップにもつながる可能性を高めるので、バランスよく取り組むことが大切だ。

特定非営利活動法人「2枚目の名刺」が大企業の人事担当者に対してアンケート調査を実施したところ、副業などの働き方改革は「経営陣の理解が得られないことが一番の障害である」と考えている担当者が6割を占めていることがわかった。 08/21 11:19

IoTを企業経営にどう取り込んでいくかが、雌雄を分ける。 08/18 11:46

クレジットカード会社のクレディセゾンが8月14日、従業員が能力を発揮しやすい労働環境作りを目的に、人事制度を刷新すると発表した(発表PDF、ITmedia、日経新聞)。 08/17 08:08

エン・ジャパンが運営する総合求人・転職支援サービス『エン転職』上で、「退職理由」についてアンケートを行ない、5,796名から回答を得た。

エン・ジャパンが運営する総合求人・転職支援サービス『エン転職』上で、「退職理由」についてアンケートを行ない、5,796名から回答を得た。 08/14 21:49

人事院が8日、4年連続となる公務員給与とボーナスの引き上げを勧告した。 08/09 08:01

人材派遣を手がけるリンクトブレイン社が、企業の従業員を「派遣社員化」するサービスを開始すると日経新聞が報じている。 08/08 09:32

(写真: freeeの発表資料より)

freeeは2日、新サービス「人事労務freee」をリリースした。 08/03 20:50

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告