1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 雇用・就職・労働
  5.  > 給与(2)

給与のニュース(ページ 2)一覧

東京都などは国家戦略特区の会議でデジタルマネーでの給与の支払いを行うための規制緩和を要望した。今後は企業も省庁も給与の支払いに関してより柔軟な対応が求められていくのかもしれない。

給与は現金で支払われる。 08/27 09:27

転職後賃金が上がった労働者は36.2パーセントとなり、同条件で行われた調査の中では04年に次ぐ二番目の高水準となった。

厚生労働省が発表した2017年の雇用動向調査によると、転職後賃金が上がった労働者は36.2パーセントとなり、同条件で行われた調査の中では04年に次ぐ二番目の高水準となった。 08/23 14:02

ギャラップによる最新の世論調査によると、米国では「若者の資本主義離れ」が進んでいるそうだ。 08/18 15:50

マイボイスコムが「就業意識」に関する調査を実施。「現在の仕事に満足している」者は59.5%。「経営者・役員」「有資格者」「公務員」で各7割強。満足な点は「通勤時間、勤務地」が40.1%で最多。

情報通信技術の進化普及によって産業構造が急変するなど不確実性が増大している。 08/14 11:05

野田聖子総務大臣は7日の記者会見で、情報公開請求者を漏らした責任を取るとして「昨年8月の大臣就任時にさかのぼり、この7月までの12カ月分の閣僚給与全額を返納する」と発表した。 08/08 15:18

最近では教員の長時間労働が問題になりつつあるが、文部科学省は教員の残業について「自発的なもの」との立場であり、残業代の支払いや監督責任はないとしているようだ(Yahoo!ニュース 個人の記事)。 08/05 22:57

東京商工リサーチは30日、国内の銀行91行における2018年3月期の平均年間給与調査の結果を発表。 07/31 06:55

小笠原 隆夫

帝国データバンクによれば、2018年上半期の「人手不足倒産」の件数が、2013年1月の調査開始以降、半期ベースでは過去最多となっているそうです。 07/19 10:55

リスクモンスターは、インターネットを利用し全国規模で20~49歳の既婚者女性個人600人を対象に行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表した。

リスクモンスターは、インターネットを利用し全国規模で20~49歳の既婚者女性個人600人を対象に行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表した。 07/15 18:42

上場企業の時給ランキング2018。(ヴォーカーズ発表資料より)

14日、ヴォーカーズは「上場企業の時給ランキング2018」を発表した。 06/15 07:51

人材コンサルタント業のC4が建設現場の実情についてアンケート調査を実施。建設業の週休2日制については困難」が69%。理由は「工期が間に合わない」33%、「給与が減る」26%。「週休2日にすべき」は52%

日本の労働市場は全般的に人手不足が深刻な状態にある。 06/13 13:20

少子高齢化で労働者人工は減少しているが、そんな労働力の確保として高年齢者の雇用を行う企業も多い。だが、給与などの待遇を変えない企業は決して多くはない。

少子高齢化が進み、どの企業でも人材の確保に躍起になっている反面、定年を迎えた人をその後も継続して雇用するかどうかの判断についても慎重な対応が求められている。 06/13 12:41

厚労省は23日、3月分の毎月勤労統計調査の結果を公表。あわせて2017年度分の結果も公表。実質賃金は全体で0.3%の減少、パートで0.3%増加。残業は全体で0.4%増加、パートで4.9%の減少。

厚生労働省は23日、3月分の毎月勤労統計調査(確報)の結果を公表した。 05/28 09:53

4年連続で家計の消費現象が続いている。その反面、世帯全体の収入の金額は増加傾向にあることから、増えた収入の分は消費ではなく貯蓄に回している世帯が多いことがわかる。

総務省は、2017年の家計調査について4年連続で減少したと発表した。 03/07 11:15

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告