1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 雇用・就職・労働
  5.  > 給与(4)

給与のニュース(ページ 4)一覧

(c) 123rf

日本生命保険の調査によると、業種で1日の労働時間に大きな差があることが分かった。 11/15 19:16

自宅など好きな場所で仕事ができるテレワークは、情報通信技術の進歩によって今後さらに拡大していく可能性がある。育児や介護などで通勤することが難しい人も仕事ができるため、生産性の向上や混雑緩和などの面で期待されている。

「テレワーク」とは、職場以外の場所で働く勤務形態のことである。 11/13 11:10

年金等、社会保障制度の外に置かれた非正雇用の低賃金労働者が増加している。彼らの中には年金の滞納に至るケースも目立つ。このまま行けば将来、無年金によって老後破綻する者が急増し、生活保護費の膨張で社会保障費をさらに圧迫する恐れも。

低賃金の非正規雇用の労働者、いわゆるワーキングプアが増大し、それにともない国民年金保険料の未納者も増加している。 11/10 19:46

厚生労働省の発表によると、一般労働者とパートタイム労働者の双方で、雇用と賃金が安定して伸びる傾向にあるものの、物価変動を除いた実質賃金は引き続き減少していることが分かった。 11/08 16:47

海外大手IT企業が、人工知能関連の研究を行う学生や研究者に対し高額な給与を提示して「引き抜き」を行っているそうだ(guardian、Slashdot)。 11/07 06:46

売り手市場を背景に、求職者優位の状況が続くなか、人材不足に悩むすべての企業にとって「優秀な人材を保持するヒント」や「人材獲得競争を有利に運ぶコツ」についての考察を行った。

売り手市場を背景に、求職者優位の状況が続くなか、優秀な人材の確保・保持や人材獲得競争を勝ち抜く為のノウハウ獲得を模索する企業は多いと予想される。 11/04 09:20

小笠原 隆夫

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」の運営会社であるスタートトゥデイでは、社員の基本給とボーナスは一律で、違うのは役職給だけという給与制度が話題となりました。 10/26 16:14

厚生労働省は6日、8月分の毎月勤労統計調査速報を公表。これによると、物価上昇を考慮した実質賃金は前年同月比0.1%増加した。実質賃金の増加は8ヵ月ぶり。名目レベルの現金給与総額は前年同月比0.9%の増加だった。

厚生労働省は6日、8月分の毎月勤労統計調査の速報値を公表した。 10/16 07:43

日銀は6日、9月分の「生活意識に関するアンケート調査」を公表。景況感が「良くなった」から「悪くなった」を引いた景況感DIは3年ぶりの高水準になった

日本銀行は6日、9月分の「生活意識に関するアンケート調査」を発表した。 10/13 07:58

給与収入に加えて別の収入を得るための方法として副業を考えるサラリーマンは多い。それに対して企業は副業を禁止しているところがほとんどである。その反面、副業を容認する企業も増えておりこうした企業は今後も増えていくと考えられる。

サラリーマンとして働く人の場合、基本的には収入は会社からの給与がすべてである。 10/11 07:37

「DODA(デューダ)」は2017年8月、「仕事満足度ランキング2017」を発表した。総合の満足度1位は「融資審査・契約審査(金融系専門職)」で上位20職種のうち、9つが企画・管理系職種となった。

パーソナルキャリアの運営する求人情報・転職サイト「DODA(デューダ)」は2017年8月、「仕事満足度ランキング2017」を発表した。 10/09 18:25

国税庁は2016年分の所得分布統計を公表した。ここからさらに所得格差が拡大していることが読み取れる。また、所得格差は地域格差にもなっており、グローバル化の中で東京都心部と地方との格差も拡大しているようだ。

国税庁が9月に公表した「民間給与実態統計調査 平成28年分」によれば、給与所得者数は4,869 万人で前年に比べ75万人の増加、1.6%の増加となった。 10/08 20:33

Stack Overflowが英国の開発者4,700人を対象に調査した結果によると、コンピューターサイエンスの学士号の有無は、ソフトウェア開発者の給与にあまり影響していないことが分かったという(The Register、Slashdot)。 09/26 07:27

内閣府は9月8日、2017年8月の「景気ウォッチャー調査」結果を発表した。 09/16 20:29

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告