DNAのニュース一覧

サリドマイド催奇形性のモデル図(画像: 東京医科歯科大学の発表資料より)

薬は病気を治療するものだが、同時に副作用を持つという側面がある。 10/10 18:04

2019年のノーベル生理学・医学賞は米国のウィリアム・ケイリン氏とグレッグ・セメンザ氏、英国のピーター・ラトクリフ氏が共同受賞した。 10/09 09:44

1日、ゲノム編集食品に関する厚生労働省による新しい制度の運用が始まった。 10/08 17:19

原始細胞のモデル。情報と触媒機能を担う各分子へと進化する。(写真:東京大学の発表資料より)

東京大学は4日、分子生物学の基本原理であるセントラルドグマが、物理学における自発的対称性の破れによって説明可能であることを示したと発表した。 10/04 19:28

地球上に存在するすべての生命は、DNAがmRNAに転写され、このmRNAが細胞を構成するタンパク質を作るという構造を持っている。 10/04 18:47

OIST生態・進化学ユニットの研究者たちがマイクロCTスキャンを利用して撮影したバロアダニ。バロアダにはミツバチのコロニーを脅かす存在。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

蜂群崩壊症候群はミツバチに大量死を引き起こす現象である。 10/03 18:57

DNAやRNA等の核酸の最小単位であるヌクレオチド(左)と今回再現された核酸塩基6種(右)(写真:北海道大学の発表資料より)

地球上の生命の起源とも考えられる星間分子雲。 10/02 13:20

今回発見されたマダラタナイスの背面写真(A)と左側面写真(B)(アルコール固定標本)。(画像:北海道大学発表資料より)

熱帯の汽水域に見られるマングローブは琉球列島にも分布する。 09/30 13:57

カリフォルニア大学デービス校の研究から、猫のマーキング物質が肛門嚢に住みついている微生物によって作られていることが明らかにされた。

飼い猫がコミュニケーションに利用するマーキング物質の多くは、猫の肛門に住む微生物が作ることを、カリフォルニア大学デービス校ゲノムセンターの研究が明らかにした。 09/17 11:42

昨年秋、東京大学は地球最古の生命の痕跡を発見したことを発表した。 09/10 08:12

NET-CAGE法による疾患メカニズムの解明(画像: 理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所、ダナフォーム、京都大学は3日、“遺伝子の発現スイッチ”として働く「エンハンサー」を高感度で検知し、さらに活性度を測定する技術の開発に成功したことを発表した。 09/09 11:14

マグネシウム脱離酵素と相同な遺伝子の系統樹。植物の遺伝子はバクテリア由来であることを示唆している。(画像:北海道大学発表資料より)

植物が緑色なのはクロロフィル(葉緑素)を持つからである。 09/08 20:36

未確認生物(UMA)として有名な英ネス湖の「ネッシー」の正体は巨大うなぎである可能性があるそうだ。 09/07 12:02

ゼブラフィッシュの脳活動等の観察。レム睡眠とノンレム睡眠に相当する状態が発見された。(写真:国立遺伝学研究所の発表資料より)

国立遺伝学研究所は5日、ゼブラフィッシュにおいてレム睡眠とノンレム睡眠の存在を発見したと発表した。 09/06 11:36

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告