幽霊の顔をした奇妙な天体、その正体は銀河の衝突 ハッブル宇宙望遠鏡

2019年11月4日 17:42

小

中

大

印刷

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた特異銀河「アープ・マドア 2026-424」 (c) NASA, ESA, and J. Dalcanton, B.F. Williams, and M. Durbin (University of Washington)

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた特異銀河「アープ・マドア 2026-424」 (c) NASA, ESA, and J. Dalcanton, B.F. Williams, and M. Durbin (University of Washington)[写真拡大]

写真の拡大

 宇宙空間に浮かぶ幽霊の顔。だが心霊写真ではない。ハッブル宇宙望遠鏡から撮像された紛れもない天体である。その正体は2つの銀河の衝突により生み出された天体だという。

【こちらも】銀河団衝突時に発生した衝撃波 史上初の観測に成功 理研

■銀河の衝突が生む特異銀河

 米航空宇宙局(NASA)が運用するハッブル宇宙望遠鏡が10月28日に公開した写真は、地球から7億400万光年彼方に存在する「アープ・マドア 2026-424」と呼ばれる特異銀河だ。黄色い目に相当する部分は、隣接する2つの銀河である。顔の輪郭は、青色をした若い星からなるリングで、鼻や口といったパーツも同じく若い星の塊から構成されている。

 幽霊の顔のような天体が誕生したのは、2つの銀河が衝突したのが原因だ。両銀河が織りなす黄色の膨らみが、同じ2つの膨らみとして並置されているのは非常に稀だという。ほぼ同じ大きさの銀河同士の衝突により、巻き込まれた部分がほぼ同じだったことが原因だと考えられる。

 銀河同士の衝突は決して珍しいことではない。特に、若い宇宙では星や銀河同士が密集しているため、衝突する確率は高くなる。ただ銀河同士の衝突は通常、大きさの異なる2つによって引き起こされるケースが多いという。

 「アープ・マドア 2026-424」の場合、2つの銀河が衝突したのち、約1億年かけて青色の円環構造が誕生したと推定される。10億年から20億年程度経過すると、この特異銀河は完全に合体するという。

■特異銀河の地図編纂が予定

 今回発見された「アープ・マドア 2026-424」は、奇妙な姿をした特異銀河のひとつである。特異銀河338個を集めた「アープ・アトラス」の編者ホルトン・アープ氏と、南天の特異銀河を調査したバリー・マドア氏にちなんで、これらの特異銀河はアープ・マドアと呼ばれる。

 今回の発見以外にも、多くの特異銀河の観測が計画されている。最終的には、接近した銀河同士を網羅するサンプルの編纂が予定されている。ハッブル宇宙望遠鏡や、NASAが2021年に打ち上げ予定のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を活用することで、銀河同士の合体プロセスへの理解が深まるとしている。(記事:角野未智・記事一覧を見る

関連キーワードNASAジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース