1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 理化学研究所(理研)(3)

理化学研究所(理研)のニュース(ページ 3)一覧

今回の研究の概要。(画像: 発表資料より)

慢性疲労症候群の客観的な診断法はまだ確立されていない。 12/13 21:12

トリウム229のアイソマー状態のエネルギー測定値。(画像: 発表資料より)

「原子核時計」は超高精度な時計として実現が望まれており、その研究開発が世界中で行われている。 12/02 06:03

奈良県大和水銀鉱山で採掘された辰砂鉱石 古代日本より赤色顔料の朱として広く用いられた(写真:理化学研究所の発表資料より)

宇宙科学や地質学等の分野で年代測定に用いられる元素の同位体。 12/01 08:15

動物のサイズを決めるモデル(写真:理研の発表資料より)

種や個体によって異なる体の大きさ。 11/30 16:43

エマリーエ(EMarie)の2020年春夏コレクションが、2019年11月25日(月)、みなとみらいの横浜ランドマークホールにて発表された。 11/28 22:48

「京」の100倍の性能を目指している理化学研究所のスパコン「富岳」に採用される富士通製A64FXチップが、Crayもこのチップを採用するという。 11/21 23:00

スーパーセンチナリアン(左)と50歳から60歳までのグループ(右)における免疫細胞の比較(写真:慶應大の発表資料より)

厚生労働省によると100歳以上の高齢者は約7万人にも及ぶという。 11/16 20:49

ヒストンアセチル基転移酵素HAG1とHAG3によるリプログラミング誘導の仕組み(画像:理化学研究所の発表資料より)

理化学研究所(理研)らの国際共同研究グループは4日、植物が傷害を受けた場合にその細胞がリプログラミングされる仕組みを分子レベルで解明したと発表した。 11/07 09:21

統合失調症の発症メカニズム(写真:理研の発表資料より)

理化学研究所(理研)は10月28日、脳内で生み出される過剰な硫化水素が統合失調症に関連することを突き止めたと発表した。 11/01 18:47

今回の研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学、理化学研究所等の共同研究グループは血中遊離DNAに存在する突然変異を高精度に検出できる手法を開発したと発表した。 10/31 12:35

酸素分子を形成する反応における触媒部分の立体構造の変化。(画像:科学技術振興機構の発表資料より)

18日、科学技術振興機構、岡山大学、理化学研究所等の研究グループは、光合成において酸素分子が発生する仕組み等を解明したと発表した。 10/25 12:03

光刺激による大脳皮質運動関連領域の機能マッピング。(画像:東京大学発表資料より)

コモン・マーモセットという霊長類を用いた実験で、大脳皮質運動野に光刺激を与えることで腕の運動を誘発することに成功した。 10/24 18:45

膜型プロテアーゼAdam19が軟骨形成を抑制する仕組み。(画像:京都大学発表資料より)

進行性骨化性線維異形成症という病がある。 10/23 08:27

ゲノムワイド関連解析の結果。赤矢印が今回の研究で同定された収量に関わるゲノムの領域。この領域で発見された14の候補遺伝子の中に、植物ホルモン「ジベレリン」のシグナル制御に関わるOsSPYが含まれていた。(画像: 理化学研究所の発表資料より)

イネの収量増加は稲作に携わる人たちにとって共通の望みであり、遺伝子からのアプローチも多くの研究で行われてきた。 10/19 10:04

脳領域が損傷を受けたのちに新たに神経路が形成される仕組み(写真:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は7日、理化学研究所(理研)と共同で脳損傷後に形成される神経路を新たに発見したと発表した。 10/09 17:10

カルボニルストレスが引き起こすCRMP2の機能異常と統合失調症の発症メカニズム。(画像:東京大学発表資料より)

近年、統合失調症の発症メカニズムとしてカルボニルストレスが注目を集めている。 10/09 15:55

発見された宇宙網の画像(青い部分が水素ガス)。(画像:理化学研究所発表資料より)

銀河や巨大ブラックホールは水素のガスから作られる。 10/05 19:58

カドミウム光格子時計の魔法波長を419.88±0.14mmと決定。(画像:理化学研究所発表資料より)

東京大学の香取秀俊教授が提唱した、光格子時計という次世代の時計がある。 09/17 08:06

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む

広告

広告