名古屋大学、スパコン「不老」を発表

2020年2月7日 22:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 jizou曰く、

 名古屋大学が新たなスーパーコンピュータ「不老」を導入、7月1日よりその運用を開始する(PC Watch)。

 なんだろう、この命名センスの無さ。スパコンなんて、どんどん性能アップして古くなっていくものに、不老という名前はちょっと思い上がりがすぎるような。早く新モデルに置き換わってください。恥ずかしい……。

 不老は理化学研究所のスーパーコンピュータ「富岳」と同様のアーキテクチャを採用しており、プロセッサも同じものを搭載するという(SankeiBiz)。また、GPUによる演算を提供するサブシステムも持つという。

 「不老」という名前は、名古屋大学の所在地である「不老町」と、処理などの流れを示す「フロー」から名付けられたようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | スパコン | ハードウェア | IT

 関連ストーリー:
富士通のA64FXチップ、Crayも採用 2019年11月21日
スパコン「富岳」ロゴ決定 2019年08月29日
「京」後継のスーパーコンピューター、名称は「富岳」に 2019年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード理化学研究所(理研)名古屋大学スーパーコンピュータ

関連記事

広告