TOP500や「Graph500」など4つのスパコン性能指標で富岳が世界一を達成

2020年6月25日 07:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 jizou曰く、

 スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」の2020年6月版で、理化学研究所(理研)の「富岳」が1位となった。また、TOP500だけでなく「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」や「HPL-AI」、「Graph500」といった別の性能評価指標を使ったランキングでも世界1位となっている(マイナビニュースPC Watch日経新聞)。

 とりあえず2.8倍の性能はめでたいのだけれど、お金が足りずにラック数が増やせず、他の国のスーパーコンピュータにすぐに追い越されてしまうというとのは残念だけれど、まずは、予算の少ない中、TOP500に載った関係者の方々の努力に感謝したい。おめでとうございます!

 富岳は富士通が手がけたArmベースの独自CPU「A64FX」を採用しているが(過去記事)、富岳が世界一の性能となったのはこのCPUの力が大きいという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | スパコン | 日本 | IT

 関連ストーリー:
富士通のA64FXチップ、Crayも採用 2019年11月21日
JAXA、「富岳」の技術を活用したスパコンを導入へ 2020年04月27日
「京」後継のスーパーコンピューター、名称は「富岳」に 2019年05月24日
スパコン「富岳」、神戸・ポートアイランドへの搬入完了 2020年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード理化学研究所(理研)富士通スーパーコンピュータ

関連記事

広告