理研など、新型コロナの飛沫感染シミュレーション結果を動画で公開

2020年6月4日 20:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 理化学研究所などが、新型コロナウイルスの飛沫感染経路を予測するシミュレーションを行い、その結果の一部を公開した(神戸新聞朝日新聞)。

 このシミュレーションはスーパーコンピュータ「富岳」を使って行われたもので、人間の口から飛沫がどのように飛散していくかを検証し、その結果を動画にしたもの。動画では、マスクをすることで前方への飛沫の飛散を抑えられるものの、そのマスクの隙間などから出るごく近距離の飛散は抑えられない様子や、向かい合わせにデスクに座った場合では前方に着席している人に向けて飛散が発生する様子などが確認できる。

 さらに、混雑した列車内や小規模オフィス内の空気の流れについても検証されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | スパコン | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
店舗などで使用 「飛まつ防止シート」 消防が火災の注意喚起 2020年06月01日
クリアファイルなどを使ったフェイスシールドの作り方 2020年04月21日
インフルエンザウイルスは通常の呼気にも咳やくしゃみと同じくらい含まれる 2018年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード理化学研究所(理研)スーパーコンピュータ新型コロナウイルス

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース