1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > メンタルヘルス(2)

メンタルヘルスのニュース(ページ 2)一覧

(画像: 東京大学の発表資料より)

東京大学大学院教育学研究科・臨床心理学コース下山研究室は22日、マインドアイル社と共同でAIを活用した認知行動療法サービス「いっぷく堂AI版」の公表を発表した。 09/23 15:54

東京大学の研究者らによる調査によると、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」は労働者のストレス解消に役立つそうです((新着情報:東京大学大学院医学系研究科・医学部、Scientific Reports掲載論文)。 09/11 21:33

「おおた企業 春のスポーツ祭り2017」の様子(写真: Emotion Techの発表資料より)

ここ数年、社内の士気が高まるなどの理由で社内運動会の見直しや合同運動会を実施する企業が増えているという。 08/13 18:06

ある社長が言っていた一言、「メンタルでつぶれる起業家と、つぶれない起業家がいる」。 08/11 07:31

「脱ハコモノ化」が進み、福利厚生を取り巻く環境は格差解消に向けた取り組みを一層求められている。リロクラブでは、介護負担軽減・就労支援などの緩和に貢献する「家事代行補助制度」を提供している。

日本経済再生に向けて、働き方改革の取り組みが活発化している。 08/08 11:59

龍谷大学農学部は、「納豆とスパイス」という研究で、レモングラスが、納豆の味を損ねずに独特の臭いを緩和する事を発見し、製品化へのアイデアを発案した。

近年、香辛料(スパイス及びハーブ)に含まれる機能性成分に注目が集まっている。 08/01 16:17

日本人が世界で通用できない3つの問題「無意識の偏見『アンコンシャス・バイアス』に囚われている」

世界中の人々が、グローバル化の流れに対応するため、ダイバーシティ・マインドを身につけようとしています。 07/11 21:35

働く人のメンタルヘルス不調は依然増加傾向にあり、現代の根強い社会問題となっている。

働く人のメンタルヘルス不調は増加傾向にあり、深刻な社会問題となっている。 06/16 12:01

数年間盛り上がりを見せていたウェアラブルデバイス市場だが、昨年ごろからのその伸びが鈍っている。eMarketerのレポートでは、2015年から16年にかけての米国市場の成長予測に関して前年比60%以上とされていたものが同25%と大きく下方修正されているほか、IDCによれば16年第3四半期のウェアラブルデバイスの出荷台数が前年同期比で51.6%減少している。

数年間盛り上がりを見せていたウェアラブルデバイス市場だが、昨年ごろからのその伸びが鈍っている。 05/14 20:00

イー・ガーディアンのロゴ(イー・ガーディアンの報道資料より)

総合ネットセキュリティ企業のイー・ガーディアンは9日、同社が提供する人工知能型投稿監視システム「E-Trident」に、企業メールの監視サービスを追加した。 03/09 21:07

昨年12月に発表された厚生労働省による「平成26年患者調査」によると、日本でのうつ病患者数は約112万人となり調査開始以来最多となったが、世界保健機関(WHO)による2015年の推計ではさらに深刻な数字が発表されている。WHOによれば、世界でうつ病に苦しむ人は3億2200万人となり、05年から約18%増加している。

2015年12月に発表された厚生労働省による「平成26年患者調査」によると、日本でのうつ病患者数は約112万人となり調査開始以来最多となったが、世界保健機関(WHO)による15年時点の推計ではさらに深刻な数字が発表されている。 03/07 12:27

保健同人社とヒューマネージは、ストレスチェック義務化1年目に従業員の受検状況を調査した。

2015年12月から労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が施行され、企業に対してストレスチェックの実施が義務化されている。 01/23 12:05

連合は19日開いた会合で20日からの国会では「高度プロフェッショナル制度の創設や裁量労働制の対象業務の拡大など、働く者の命と健康を脅かしかねない課題も挙がっている」とし「民進党との連携を中心に政府・政党への働きかけを一層強化し、働くことを軸とする安心社会の実現に向け全力を尽くす」との方針などを確認した。 01/21 10:37

データアナリティクスによるワークスタイル把握と人事施策への活用例(PwCコンサルティングの発表資料より)

PwCコンサルティングは22日、データアナリティクスの手法を活用した企業の働き方改革を支援するサービスを開始すると発表した。 12/22 22:04

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告