米バーガーキング、メンタルヘルス月間に「Real Meals」キャンペーン

2019年5月6日 22:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米バーガーキングがメンタルヘルスアメリカ(MHA)と提携し、「Real Meals」キャンペーンを開始した(MHAのプレスリリースバーガーキングのツイートFOODBEASTの記事TODAYの記事キャンペーン動画)。

メンタルヘルス月間の開始に合わせて5月1日に始まったキャンペーンでは、MHAのロゴが入ったセットメニューの持ち帰り用ボックス「Real Meal Box」を一部の店舗で提供する。Real Meal Boxは5種類。「いつでもハッピーな人はいない」として、ワッパーセットを注文した際に「Pissed (怒っている)」「Blue (悲しい)」「Salty (苦しい)」「YAAAS (抑えきれないほど興奮している)」「DGAF (気にしない) 」から気分に合わせて選ぶことができるとのこと。マクドナルドの「Happy Meal」(日本では「ハッピーセット」)を意識したものだと指摘するメディアも多いが、Real Mealにおもちゃは入っていない。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | 医療 | idle

 関連ストーリー:
バーガーキングニュージーランド、人種差別的との批判により巨大箸でハンバーガーを食べる広告を中止 2019年04月12日
米バーガーキング、肉なしワッパー「Impossible Whopper」をテスト開始 2019年04月03日
米バーガーキング、コーヒーのサブスクリプションサービスを開始 2019年03月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマクドナルドハッピーセットアメリカバーガーキングメンタルヘルス

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース