ライフ RSS

 

「仕事がつまらい」なら副業を始めるべき理由

2021年2月13日 08:12

小

中

大

印刷

 副業を始める動機として、最も代表的なことは収入だろう。だが、副業には同時に「やりがい」が得られるメリットもある。本記事は、「仕事がつまらない」と感じている人に向けて、副業を始めるべき理由について紹介する。

【こちらも】副業する人としない人 今後どこで差がつくか?

■現在の仕事に満足していない人たち

 厚生労働省による「就業形態の多様化に関する総合実態調査」では、仕事の満足度に関する調査も含まれている。令和元年版によれば、「仕事の内容・やりがい」に満足しているのは、正社員で68.7%だった。「どちらでもない」と回答したのは20.5%で、はっきりと不満を示したのは9.9%である。

 仕事自体とそのやりがいに不満を持っている人の数は、意外なほど少ない。だが、積極的に満足と答えない人も全体の約2割を占める。日々多くの人が働きにでているが、その約3割は現在の仕事に満足していないことが分かった。

 ZOZOTOWN元社長の前澤友作氏は、2018年7月に現代ビジネスのインタビューに答えている。前澤氏はこの中で、高校時代に見たある光景が、後の企業の原点となったと語った。

 彼は高校時代に、つらそうな顔で満員電車に揺られ通勤する大人の姿を目にし、自分の将来を考えたそうだ。「こんな大人になりたくない」、こうした思いが彼を突き動かしたのだろう。こうした前澤氏の体験は、我々の多くが思春期に感じたことではないだろうか。

■「仕事がつまらない」悩みを副業で解決する

 「仕事がつまらない」と感じていても、生活のためには働かざるを得ない。我々の多くは、「やりがい」と「義務・責任」を天秤にかけ、なんとか毎日を過ごしている。だが、1日の大半を割く仕事がつまらないのでは、生活の質にも大きな悪影響を及ぼすだろう。仕事や生活に対するフラストレーションが溜まっていけば、精神衛生的にも悪い。

 副業について語られる時、収入は重要なテーマである。しかし、多くの副業収入を得る能力とは、つまり高いビジネス能力があるということだ。それだけに、単純ではない。同時に、副業には「やりがい」を得られる大きなメリットがある点は、しばしば見過ごされがちである。

 副業は副業なのだから、大きな収入を期待せず、本業の補助として気楽に始められる。「仕事がつまらない」の原因となる、「義務・責任」を排除して好きなことを仕事にできるのだ。副業で得られる充実感は、本業の不満やストレスを解消するワクチンになるだろう。

 「仕事がつまらない」、つらいからといって、誰もがそう簡単に辞められるわけではない。だからといって、ストレス過多になっては、健康に支障をきたす。この時、副業に緩衝材として本業のストレスを吸収させ、心身のバランスを取るのだ。

 副業には、メンタルヘルスを健康に保つ可能性とメリットもある。今、もしあなたがつまらなそうな顔をして出勤しているなら、ぜひ副業を始めることを勧めたい。(記事:西島武・記事一覧を見る

関連キーワードメンタルヘルス副業前澤友作

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース