企業のハラスメント防止規程作成 パワハラは56.4%、セクハラは69.3% 大幅増

2018年9月6日 08:44

小

中

大

印刷

半数以上の企業がハラスメント防止規程を作成(画像: 労務行政研究所発表資料より)

半数以上の企業がハラスメント防止規程を作成(画像: 労務行政研究所発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 5日、労務行政研究所が発表した「民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況」の結果によると、主要18制度の内、2013年の前回調査と比較して最も率が伸びたのは「パワハラ(モラハラ)防止規程」の作成状況だった。

【こちらも】職場でパワハラを受けた経験、50.2%があり 連合調査

■ハラスメント防止規程の作成状況に大幅な伸び

 「パワハラ(モラハラ)防止規程」の作成状況は56.4%。前回は33.2%だったため、23.2%の上昇となる。対して「セクハラ防止規程」は69.3%。前回は49.5%だったため19.8%の上昇だ。

 パワハラ、セクハラともに防止規程の作成状況に大幅な伸びが見られた。ハラスメントは昨今、多くの業界で問題が浮上している。社内環境の改善を目指し、防止規程の作成を進める企業が増えたのだろう。

 なお両方作成している企業は56.1%、いずれか一方のみ作成している企業は13.4%、いずれも作成していない企業は30.5%。半数以上が両方を作成していると分かる。

■働き方改革等で注目を集める旧姓使用、フレックスタイム制、在宅勤務制度の実施率

 旧姓使用の実施率は67.5%。前回調査からは3%の上昇。規模別に実施状況を見ると1,000人以上71.9%、300~999人69.6%、300人未満62.0%。

 フレックスタイム制の実施率は35.5%。前回からは6.1%の下降。規模別に実施状況を見ると1,000人以上52.5%、300~999人29.7%、300人未満25.8%。

 在宅勤務制度の実施率は11.8%。前回からは3.9%の上昇となった。規模別では、1,000人以上22.3%、300~999人9.4%、300人未満4.9%。

 旧姓使用は企業規模が異なっても概ね実施率が高い。しかしフレックスタイム制は1000人未満から大きく割合が減り、在宅勤務では1000人未満になると10%を切っていた。どちらも大企業を中心に導入が進んでいると伺える。

■定年制実施率は12.7%、

 61歳以上の定年制実施率は12.7%。前回調査では7.5%だったため5.2%上昇している。また、定年制を実施していると回答した企業52社の「定年年齢として定められている年齢」内訳を見ると最多は65歳で73.1%だった。

■残り12制度の実施率推移

 残り12制度の実施率は以下の様になった。

 ・目標管理制度: 79.3% -2.5%(前回調査比以下同)
 ・メンタルヘルス対策: 74.5% -0.3%
 ・契約社員制度: 71.1% +5.7%
 ・社内禁煙運動(分煙化含む): 52.0% -8.7%
 ・eラーニング: 45.7% +14.4%
 ・独身寮: 35.5% -8.4%
 ・服装・染髪に関する社内規定: 32.7% +9.8%
 ・メンター制度: 32.0% +0.7%
 ・役割等級制度: 30.9% +3.3%
 ・役職定年制: 29.5% -4.6%
 ・計画年休付与制度: 21.8% -4.8%
 ・社有社宅: 20.7% -8.7%

 調査は1月15日~4月10日に実施。7,739社(全国証券市場の上場企業3,830社と資本金5億円以上または従業員500人以上の非上場企業3,909社の合計)のうち回答があった440社を集計した。(記事:楽趣みくす・記事一覧を見る

関連キーワード働き方改革メンタルヘルス在宅勤務

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース