1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(1)

遺伝子のニュース一覧

画像はイメージです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、他の感染症治療薬は効果があるのだろうか。 02/25 12:34

あおさ(左)と集めている様子(右)(写真:中部大学の発表資料より)

新型コロナウイルスが中国を中心に世界中へと蔓延している。 02/24 17:19

データ解析を手がける日本バイオデータが、公開されている新型コロナウイルスのゲノムDNA配列データを解析した結果をTwitterで報告している。 02/22 16:53

1億年前のミツバチの巣の化石が発見された。 02/21 17:59

「その遺伝子の大半が未知」という不可思議なウイルスが発見され、研究者が頭を悩ませているという。 02/16 16:42

研究の概要(写真:東京理科大学の発表資料より)

オプシーボに代表される免疫チェックポイント阻害薬は、がん治療において注目を浴びている。 02/03 08:43

変異置換ゲノム編集治療(A)と単一AAVベクター(B)の概要。(画像: 東北大学の発表資料より)

網膜色素変性症は約3000人に1人が発症し、失明の原因としては日本で3番目に多く、国の指定難病となっている。 02/02 19:45

AIで理想の彼氏、彼女を選ぼうとするサイトやメディアが出てきた。 01/29 12:12

ほぼすべてのがん細胞に対して効果を持つ免疫細胞が発見されたという。 01/23 17:43

今回の研究の概要(画像:京都大学発表資料より)

京都大学は7日、血小板の型(以下HLA型)に関係なく、誰にでも制約なく輸血できる血小板を、ゲノム編集技術を使ってiPS細胞から作成することに成功したと発表した。 01/09 12:21

米国防総省が直販型DNA検査キットにはセキュリティリスクがあるとして、使用すべきではないと注意喚起するメモを軍人に送ったそうだ。 12/29 07:38

人の大腸上皮は加齢とともに遺伝子変異が蓄積することで、大腸がんの原因となることがこれまでの研究で明らかになっている。 12/22 19:05

図1 KC マウスに発生した肝細胞癌。KC マウスでは 1年で小さな肝細胞癌が発生するが、 KC/TFF1KO マウスでは肝細胞癌は 6カ月で発生し、1年で巨大に発育した。(矢印:肝細胞癌) (画像: 名古屋大学の発表資料より)

肝細胞癌は、肝臓に発生する悪性腫瘍であり、完治するには外科的切除による治療が必要だ。 12/02 19:28

動物のサイズを決めるモデル(写真:理研の発表資料より)

種や個体によって異なる体の大きさ。 11/30 16:43

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告