1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > サイエンス
  5.  > 遺伝子(2)

遺伝子のニュース(ページ 2)一覧

朝早くから精力的に活動できる「朝型」の人間と、そうではない「夜型」の人間が存在し、それらは遺伝子に関連しているのではないかという研究結果がすでに発表されているが、朝型の人間と夜型の人間の脳をスキャンしてその働きを比較したところ、夜型の人間は8時から20時までの時間帯では集中力を司る領域の活動が少なくなる傾向があることが分かったそうだ。 02/23 16:47

ヘルステック・健康ソリューション関連国内市場(画像: 富士経済発表資料より)

富士経済は5日、企業における働き方改革や健康意識を背景に高まりを見せるヘルステック・健康ソリューション関連国内市場の調査結果を発表した。 02/06 21:08

人間には朝早くからの活動を好む「朝型」と、夜遅くまでの活動を好む「夜型」が存在するとされており、これらの違いは遺伝子によって生まれるという話は以前にも紹介されている。 02/04 22:19

上海の中国科学院は、昨年に続き5匹のクローン猿が誕生したと発表した。 01/27 20:50

オランダのライデン大学病院とアメリカのユタ大学は、科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』に寿命についての最新の研究結果を発表した。 01/26 11:06

昨年11月、中国の研究者が遺伝子編集でHIV耐性を持つ子供を誕生させたことを明らかにしたが、中国当局の調査チームの調査でこれが事実であることが確認されたという。 01/24 21:23

脳と行動を「オス型」「メス型」へと導く機構の模式図。(NICT発表資料より)

情報通信研究機構(以下、NICT)は、ショウジョウバエで、心の性差に影響する脳の性差を決める分子の仕組みを解明し、その制御に成功した。 01/15 17:26

毛顎動物(ヤムシ)。(画像:沖縄科学技術大学院大学発表資料より)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、毛顎動物(Chaetognath)、またはヤムシと呼ばれる動物性プランクトンの、これまで未解明だった系統樹上の位置づけを明らかにしたと発表した。 01/13 21:43

北海道中標津町農協が、「おなかに優しい牛乳」をうたう「なかしべつ牛乳プレミアムNA2 MILK」を発売した。 01/11 09:31

国際宇宙ステーションでは、数千もの微生物が生息するという。 (c) NASA/Roscosmos

生物が進化する原因の1つと考えられる突然変異。 01/10 08:52

カナダでその使用が合法化されるなど、2018年は大麻の使用をめぐる論争が白熱化した年であった。 01/03 09:20

シスメックスは、がんゲノムプロファイリング検査が行えるシステム:「OncoGuide NCCオンコパネルシステム」の製造販売の承認を日本で初めて取得した。 12/26 21:35

ワシントン大学のStuart Strand教授らの研究チームが、観葉植物の遺伝子を組み替えて空気中の発がん性物質を除去する働きを持たせることに成功したそうだ。 12/25 22:22

今、若い世代の間で『DNA婚活』なるものが話題になっているそうだ。 12/20 22:41

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

広告